広島大学が接種直後に死亡した4人を調査したところ、免疫機能の暴走によって死亡した可能性があると発表しました☟

身体中でスパイク蛋白質が作られて、その毒に対処するために免疫が過剰反応し、いわゆるサイトカインストームを引き起こしたと。

武漢風邪が重症化するメカニズムと一緒です。

予防のために病気でもない人が接種して、感染して重症化する人と同じ状態になって死亡する。

皮肉な話です。

ただ、これはあくまで直後に現れる稀な副作用であって、我々が問題視している血栓毒による死亡、後遺症とは別物です。

1ヶ月ほど前、当院の患者さん(80代)の孫(30代)が3回接種後に心臓発作で倒れたそうです。

病院で色々検査を受けましたが、原因は不明。

現在も動機が激しく、日常生活もまともに送れない状態が続いているそうです。

元々一人暮らしをしていたお婆ちゃんの面倒を見るために1年ほど前から孫が同居することになりました。

なのに、今はお婆ちゃんが孫の面倒を診ている状態。

非接種のお婆ちゃんはとても元気だったのですが、3回接種の孫の看病で疲労困憊。

心身ともにだいぶ弱ってきています。

何なんですか?この状況は?

福島県の3回接種率は全国でもトップクラス☟

全国平均が65%ですからね。

高齢者が多いとはいえ、若者の接種も相当進んでいると考えて良いでしょう。

日本の総死者数もかなり増えているようです。

3回目接種と超過死亡数の相関性について元衆議院議員秘書YouTuberの藤江成光さんがわかりやすいグラフを作成してくれました☟

このグラフを見たら、3回目接種と死者数に何等かの関係があるって小学生でもわかりますよね☟

福島の講演会で宮沢先生は、接種後心臓にダメージを負うことは最初からわかっていたと仰っていました☟

宮沢孝幸先生の講演 | こおり治療院 | 福島市の鍼灸(はり・きゅう)院 (hari-kori.com)

心臓の動きが強い若者の方が脂質ナノ粒子を多く心臓に取り込み、スパイク蛋白質を大量に生産して抗体に攻撃を受け続ける。

患者さんにはお孫さんの状態を説明し、福島県で唯一ワクチン後遺症を取り扱っている八子胃腸科内科クリニックをご紹介しました☟

八子胃腸科内科クリニック 福島市の消化器内科・胃腸内科・内科 (yagoclinic.com)

受診してくれるかはわかりませんし、受診したら治るかと言えば、それも定かではありません。

それだけ未知なのです。

武漢風邪は、もう既知であり、ただの風邪かそれ以下の病だとわかっています。

しかし、それを予防すると称する遺伝子製剤は、治験も終わっていない未知の新薬です。

そんなもの、ただの風邪のために打つなんて、正気の沙汰ではありません。

接種は義務ではない。

任意です。

「他人のために」などという言葉に騙されて打った結果、他人に迷惑をかける状態になる。

よくよく調べて、よくよく考えて、後悔しない選択をして頂きたいと切に願います。

お勧めコンテンツ

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が立ち上げました☟

オープンチャット「井上正康先生を慕う福島県民の会」
https://line.me/ti/g2/B4dZrK7y0vKMl9zMPiy7FOmlyEWH5zy0WCZ7HQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

大阪市立大学名誉教授の井上正康先生の見解を基準とし、想いを同じくする仲間たちとチャットで語らう場所です♪

井上先生の見解については以下の動画をご覧下さい。

福島市で開催された井上先生の講演会(前編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(後編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(質疑応答)☟

勿論、完璧に理解できなくても全然OKです!!

大きく逸脱する主張(ウイルスは存在しない、コロナは5G、ワクチンに酸化グラフェンが入っているなど)を控えて頂ければ何の問題もありません♪

※あくまで「コロナ騒動全般について語らうチャット」であって、井上先生についてだ話すチャットではございません!

頻繁に交流会も開催していきますよ(^^)/

QRコードは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう