アクセスカウンター

日常

洗脳ボックスを消せ!!

昨日、近所の床屋に行ってきました💈

わりと混んでいて、待合スペースで30分ほど待たされました。

当然、周りは全員マスク着用。

私だけノーマスク。

マスクに囲まれる状況にはもう慣れたので特に何とも思わないのですが、その待合スペースはかなり不快でした。

何故なら、AMラジオが流れていたからです。

昼間のAMラジオはテレビのワイドショー同様、まぁ酷い煽り報道をしていて、30分の間に3回も「本日の感染者数は800人超え…」みたいなことを言い、マスクなどの感染対策を徹底しましょうと何度も何度も繰り返していました。

アナウンサーの男性は「昨日インフルエンザの予防接種を受けてきたのですが、今日はコロナの5回目の接種券が来ていて、この冬はワクチン接種で忙しいですね~(笑)」と嬉々として語り、それに対し若い女性アシスタントが「私は次で4回目なので、接種券が来たらインフルと同時に接種したいと思っています!」と、ワクチン談義に花を咲かせていました。

その後に福島県医師会の会長が登場し「第8波を懸念する声がありますが、福島県は第7波も未だに猛威を振るっている状態で、このまま第8波が来たら大変なことになりますから、早めのワクチン接種、感染予防の徹底をお願いします」などと医者の立場で嘘八百を並べ、次にどこかの町の祭が3年ぶりに通常通り客を入れて行われるというニュースを報じ、町長が「開催できて本当に良かったです。感染対策を徹底して行いますので安心してお越し下さい。」とか言って、アナウンサーも「良かったですね~」などと言ってました。

未だに第7波(笑)が終わっていないのなら、ずっと続けている感染対策もワクチンも無意味という証明ですし、その猛威を振るっている状態でも祭は通常通りに開催し、無意味な対策を徹底するから大丈夫と言っている。

もう何もかも矛盾だらけ。

最初は鼻で笑って聞いてましたが、30分もあんなの聞かされてるとやっぱり腹が立ってきますね。

日本人の多くは、毎日テレビや新聞、ラジオであんな情報に晒され続けているのかと思うと本当にゾッとします。

恐ろしいほどの洗脳です。

本当のこと、事実を伝えていくことの重要性を改めて感じました。

参政党のように☟

洗脳され切った人々が、いきなりこの松田代表の演説を聴いても、きっと他の議員らと同じようにポカーンとすることでしょう☝

しかし、何度もこういう情報に触れることで、少しずつ事実が見えてくるはずです。

松田代表が言うように、着々とグローバル全体主義の波が近づいてきています。

もしかすると、日本はもう手遅れなのかもしれません…。

それでも世界は戦っています!!☟

ドイツ ロイトリンゲンで、世界経済フォーラムの提唱するグレートリセットに反対するドイツの市民達が、”GREAT RESET STOPPEN”という横断幕を掲げて行進している様子です☝

この茶番デミックが、雇用、財産、健康等を管理するため、プライバシーのない管理・監視社会へ移行する目的のために、グローバリストによって計画・実行されたプランデミックだと知れば、日本国民も同じように怒るはずです。

本来は自由を愛する民のはずなんです。

日本人は。

少しでも気付く人が増えるよう、これからも情報発信を続けたいと思います。

テレビ・ラジオは洗脳ボックス!!

今すぐ消しましょう!!

お勧めコンテンツ

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が立ち上げました☟

オープンチャット「井上正康先生を慕う福島県民の会」
https://line.me/ti/g2/B4dZrK7y0vKMl9zMPiy7FOmlyEWH5zy0WCZ7HQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

大阪市立大学名誉教授の井上正康先生の見解を基準とし、想いを同じくする仲間たちとチャットで語らう場所です♪

井上先生の見解については以下の動画をご覧下さい。

福島市で開催された井上先生の講演会(前編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(後編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(質疑応答)☟

勿論、完璧に理解できなくても全然OKです!!

大きく逸脱する主張(ウイルスは存在しない、コロナは5G、ワクチンに酸化グラフェンが入っているなど)を控えて頂ければ何の問題もありません♪

※あくまで「コロナ騒動全般について語らうチャット」であって、井上先生についてだ話すチャットではございません!

頻繁に交流会も開催していきますよ(^^)/

QRコードは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新の日記

月別日記

日記カテゴリー