テレビニュースはオミクロン尾身クロンと、まぁ鬼の首を取ったかのように煽り立てていますね。

そればっかりで新規陽性者の話をまったくしなくなったので、私が代わりに福島県の新規陽性者数をお知らせしますね☟

はい☝ずっとゼロ!笑

で、全国の新規陽性者はこちら☟

はい☝ずっとほぼゼロ!!笑

バリバリの集団免疫状態。

もう変異株なんて入ってきても、交差免疫で簡単に倒せます。

3回目さえ打たなければ…

その点を医師のSika先生も懸念しています☟

このオミクロン騒ぎに乗じて煽って煽って煽り倒して、3回目接種に弾みを付けたいのでしょうね。

今のままでは打つ人少ないでしょうから。

感染力強い強いって脅して。

一昨日も書きましたが、感染力と毒性は関係ありません。

むしろ他人に多く伝播出来るということは毒性が弱いという証明です。

その証拠に、南アフリカで変異株を発見した医師会の会長が、オミクロンは弱毒であると証言しています☟

南アフリカ医師会の会長…「オミクロン株、特異だが症状は軽い」(WoW!Korea) – Yahoo!ニュース

おそらく、この医師は変異株を保険当局に知らせたけど、ここまでの騒ぎになるとは思っていなかったんでしょうね。

なにせ、症状がほとんど出ない弱毒に変異しているのだから。

交差免疫のないアフリカ人で症状が出ないんだから、相当の弱毒ウイルスになってますよオミクロンは。

でも、世界は騒ぐ。

アフリカから変異株が出たと騒ぐ。

何故か?

おそらくアフリカのワクチン接種率が低いからだと推察します。

アフリカから発生したオミクロンが世界中に拡散し、世界の人々を命の危機に晒している。

アフリカ人がワクチンを打たないから感染者が減らずに変異が起こる。

だからアフリカに優先的にワクチンを供給しなければならない。

世界中に迷惑をかけているのだから、まさか接種を断らないよね…?みたいな。

現時点で、アフリカ全体の平均接種率は6%以下だという話を聞いています。

アフリカ各国がワクチンを推進しない理由は、今まで薬の人体実験場とされてきた苦い経験があるからです。

白人が提供してくる薬は信用ならない。

多くの黒人が警戒心を持っています。

日本人も戦前はそうだったんですけどね。

占領政策でここまで飼い慣らされてしまうなんて、日本人として本当に情けない。。。

まぁ、とにかく、しばらくメディアはオミクロンで煽りまくってくるでしょうが、弱毒である証拠は上がっています。

きっと煽り報道に不安を感じてしまう人もいるでしょうから、どうにかして事実を伝えて、心穏やかに生活できるように、これからも情報発信を続けていきたいと思います。

一緒に頑張っていきましょう!!

————————————————————————————————————————

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が中心になって立ち上げました☟

オープンチャット「【福島県】反ワク☆反マスク同盟開設!!~

想いを同じくする仲間たちとチャットで語らいましょう!

各地で頻繁に交流会も開催していますよ(^^)/

詳しくは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう!