当院は現在建替え工事中です。

期間は今年いっぱいになります。

工事期間中の診療に関しましてはコチラをご覧ください。

工事全般をお願いしているのは「福島県中央住宅生活協同組合」通称「すまい生協」です。

今日は大安吉日。

この良き日を見計らい、工事の無事を祈る地鎮祭を執り行いました。

正確には土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得るための祭事が地鎮祭です。

祭を取り仕切って頂いたのは、福島市小田の鹿島神社の神主様。

すまい生協では、組合員に特別希望がなければ、いつも鹿島神社にお願いしているそうです。

慣れている神主様の方が、進行がスムーズで良いですよね。

午前10時からの開始だったので、15分前に現場へ行きました。

するとすでに準備が始まっていて、祭壇がほぼ出来上がっていました。

  

これが祭壇☝

この厳かな雰囲気が好きです。

神主様が「おおー!」と雄たけびを上げて氏神様を呼び出し、土地をお借りすることの許し得るためお祈りをします。

そして土地の四方を御祓い。

紙吹雪のようなものを撒いていらっしゃいました。

そして鍬入れ☝

「えい!えい!えい!」という掛け声と共に砂山を崩しました。

初めての経験です。

緊張で声も余り出ず、少し恥ずかしかったです(^^;

私の⁺後にすまい生協の担当さんが、私の掘った砂を戻します☝

さすがに慣れた様子で「えい!えい!えい!」と力強く作業されてました。

へっぴり腰の私とは違いますね(笑)

そして、玉串を奉納し二礼二拍一礼☝

最後に氏神様にお帰り頂いて祭事終了。

そして工事の無事を祈念し、御神酒を皆で乾杯☆

記念撮影もして☝、すべて滞りなく済ませることが出来ました。

午前中とはいえ、かなりの暑さの中、あのような羽織を着て汗だくになりながら祭事を執り行って下さった神主様に感謝感激です。

ありがとうございました☆

これできっと、いや間違いなく、無事に家が建つと思います。

本当に楽しみです(^^)

ということで、地鎮祭も無事終了。

明日から地盤調査に入ります。

森合地区は、地盤の固い所と、そうでもない所があるようで、確率的には五分五分なんだとか。

これは運を天に任せるしかありません。

あまり改良を必要としない土地であることを切に願います。

調査結果は数日で出るようなので、また後日ご報告しますね(^^)/