先日、アメリカ大統領選挙でテキサス州がペンシルベニアら4州を訴えたと日記に書きましたが、本日その訴えが最高裁で棄却されたそうです。

棄却というか審議拒否ですね。

その案件を最高裁で審議する理由がないとか何とか言ってます。

テキサスは憲法違反だと言って訴えて、最終的には20もの州が賛同したのに、最高裁は審議すらしない。

あの国の司法は死んだようです。

選挙は不正が横行し、裁判は法を無視する。

そこに正義は存在しない。

これが今のアメリカなのだと、理解するしかないようです。

残念ですけど。

かたや日本はどうなのでしょう?

立法、行政は微妙ですが、司法はまだ正常に機能しているように感じます。

12月8日に東京高裁が以下の判断を下しました☟

指圧師養成校の新設制限、2審も合憲 学校法人の控訴を棄却 東京高裁 – 毎日新聞 (mainichi.jp)

この裁判は「視覚障がい者の命を守る」ための戦いです。

私も視覚障がい者の一人として、署名活動などにも協力してきました。

この結果に胸を撫でおろしています。

仙台、大阪も、同じ結果になるでしょう。

しかし、原告側は上告して最高裁までもっていくつもりのようなので、まだ安心は出来ません。

ですが、日本の司法はまともだと、正義は勝つのだと信じて、すべてが結審する日を待つだけです。

出来ることならアメリカの正義も守られることを切に願い、民主主義が勝利することを信じ続けたいと思います。