当院は現在建替え工事中です。

期間は今年いっぱいになります。

工事期間中の診療に関しましてはコチラをご覧ください。

工事全般をお願いしているのは「福島県中央住宅生活協同組合」通称「すまい生協」です。

 

我が家のカラーコンセプトは「モノトーン」。

床が黒、壁が白、建具が黒、天井が白、みたいな。

そのモノクロに家の中で、唯一真っ白な空間を作りました。

それが治療室です☆彡

やはり鍼灸院は清潔感が命ですからね!

白を基調とした、さわやかな空間を作りたかったんです(^^)

ではでは、現時点での治療室がどんな感じに仕上がっているか、さっそく見ていきましょう☆

治療室のドア~(*^▽^*)

真っ白なフレームに、ガバッと大きな曇りガラスが入っています☆

ここだけドア枠も白です(^^)

待合室で待っている人も、中の様子がなんとなく伺えるドアの方が安心できるかなって思い、これを選びました。

もちろん、曇りガラスですし、ベッドはカーテンで仕切られているので、中が見えるわけではありませんけどね(^^)/

普通の家のドアみたいに重厚な感じだと、隔離されている感が強くなってしまうような気がしました。

普通の家なら部屋を隔てるためのドアですからその方が良いわけですが、治療院の場合、待合室と治療室をそれほど隔てない方がいいかなって私は考えています。

なので、おそらくこのドアは開放したままでいることが多くなるだろうと思いましたので、邪魔にならないように引戸にしたわけです。

色々考えているのですよ(*’ω’*)

窓枠も白☝

養生されててよく見えませんが、フローリングも白☝

治療室の通路に手摺も付けて頂きました(*^▽^*)

連日書いていますが、これもサービスで付けてもらっています♪

あくまでサービスですから、色は特になんでも構わないと思っていたのですが、ちゃんと周りに合わせて白いものを付けて下さいました☆彡

ホント、ありがたいです(#^^#)

今はハイクリンボードでピンクルーム♡ですが、これから真っ白い壁紙が貼られるので、印象はかなり変わってくるでしょうね~(#^^#)

ちなみに巾木もこの部屋だけ白です☆

そして、このスペースに手洗い用の水道が付きます☝

左端の巾木が無い所に、リクシルのオフト(600㎜幅)という洗面台が設置される予定です。

キャビネット無しの洗面台だけのタイプです。

基本的に手を洗うだけなので、トイレの手洗い程度の小さいもので良いとお願いしたのですが、配管などを考えると、普通の洗面台と値段はさほど変わらないと言われたので、1番安価なオフトを置くことにしました。

扉色はもちろんホワイト☆

早く設置された姿が見てみたいです(^^)

ということで、これが新治療室の進捗状況です。

早くここで仕事がしたーい!!っと思う今日この頃なのでした( *´艸`)

 

建築ブログを読み返したい方はこちらの方が読みやすいのでオススメです☟

すまい生協とローコストで治療院兼自宅を建てちゃう!!

テーマごとに分類されてますので、読みたい所がすぐ読める☆彡

ぜひご活用下さい(^^)/