オリンピックのメダルラッシュで盛り上がる中、武漢風邪騒動も陽性者数が増えて盛り上がってきました。

福島県も地味に増えていて、昨日、今日と80人を超えたんだとか。

病床使用率も50%を超えてステージ4になってしまったと。

つっても、県民80万人に対し、使用できる床数が497しかないということも押えておきたい事実です。

昨日と今日のデータがまだ出ないので何とも言えないのですが、一昨日までのデータを見る限り、いつも通りPCRの件数が増えているだけでしょう☟

一昨日の陽性者は41人でしたので、陽性率は2.5%。

これで感染爆発だとか言う専門家がいるんだったら、医学部からやり直した方がいいのでは?という感じです。

憶測ですが、年末の時と同様に、夏休みになって帰省や旅行などで出かけるためにPCRを受ける人が増えているのではないでしょうか?

それで偽陽性が出て、その濃厚接触者が芋づる式に捕まっていると。

PCRを無症状者に受けさせている限り、この状態は永劫に続きます。

常時緊急事態。

それは緊急なの?笑

はっきり言いますが、夏場に大流行する風邪などありません。

PCRの結果が間違っているだけ。

米国CDC(疾病予防管理センター)は、去年の2月にFDA(食品医薬品局)に求めた武漢ウイルスのRT-PCR検査の緊急使用承認を取り下げると発表しました☟

ラボ アラート: SARS-CoV-2 テスト用の CDC RT-PCR の変更点

代わりに幾つかの検査を組み合わせて診断していくようにと提言したそうですが、これはPCRを止めるということなのか?どうなのか?

インフルエンザと見分けがつかないからって理由なんですけど、それって今まで陽性になった人の中にインフル患者もいたって認めたということでしょうか?

まぁ、結局そういうデタラメな検査だという話ですね。

そんなPCRで陽性者が増えた増えたと大騒ぎして、無症状者を入院させて医療逼迫だと不安を煽る。

一昨日、東京都の役人が「死者が急増することはない。いたずらに不安をあおることはしていただきたくない」と記者に向かって発言しています☟

都局長「不安あおらないで」 コロナ過去最高、小池氏対応せず | 共同通信 (nordot.app)

さんざん不安を煽ってきた東京都がそれを言うか?って感じですけど、これが事実です。

福島県も、ここ1ヶ月の間に亡くなた方はわずか1名です☟

これはワクチンの効果などではなく、単に暖かくなったため冬場より死亡する人が少なくなってきているだけです。

PCR陽性なら死因を問わずコロナ死にされてしまう現状では、すべての死亡数と相関するのは当然ですから。

この1名の死因も武漢風邪かどうかは不明です。

当たり前のことですが、死なない病気は怖くありません。

しかも無症状の病気ですよ?

それはホントに病気なの?みたいな。

そんな病気かどうかもわからないPCR陽性者が増えたからって右往左往することほ何もないのですけど、福島県はまた飲食店に時短を求めるんだそうです。

酒の提供もダメ。

何の意味もない飲食店いじめをいい加減にやめてほしいですよね。

せっかくオリンピックで盛り上がっているのに。

庶民の楽しみを奪うな!

皆で声を挙げていきましょう!!