東京都はオリンピックを前にマンボウ終了か?延長か?って話になっていたのですが、いきなり緊急事態宣言が出されることになってしまいました。

もう、わろてまうわ(笑)

東京都の新規陽性者数☟

確かに増えてはきてますけど、私には「さざ波」にしか見えませんよ?☝

そしてこのグラフに相関するのがこれ☟

PCRの件数☝

PCRが増えれば陽性者も増える。

いつものことです。

退院する人も増えてるじゃないですか☝

これで医療は逼迫しているんですか?

ここ1ヶ月近く亡くなる人も一桁台で最近は0~5人未満☝

これは緊急事態なんですか?

都民の皆さんはどう思っているんでしょうね?

本当に緊急事態だと思ってます?

街に人が溢れてませんか?

明らかにおかしいですよね?

もう、完全に感染症とか関係なく、ただの政治です。

オリンピック開催中に陽性者が増えた場合、野党や左翼メディアはこぞって政府に責任追及します。

事前に緊急事態宣言を出しておけば、仮に陽性者が増えたとしても政府はやるべき対策は行っていたと、それでも国民が言うことを聞かなかったからだと言い訳が出来ます。

野党や左翼メディアは「人の命よりオリンピックが大事なのか!」と言って政府を批判していましたけど、それを逆手に取られたということですね。

秋には総選挙がありますので、とにかくオリンピックをやり遂げて、遺伝子注射打ちまくって、少しでも支持率上げて選挙に臨みたいという思惑からの緊急事態宣言。

ようするに政治家の私利私欲のために、国民の私権が奪われてしまっているということです。

これを権力の濫用と言います。

そんな権力者を糾弾するのが民主主義のあるべき姿であるのに、反論する声は弾圧によって圧し潰され、多くの国民が長いものに巻かれる。

情けない話です。

宣言の期間は7月12日~8月22日まで。

その根拠もわかりませんが、夏休みの間は家に籠っていろってことですかね。

東京からの来客が期待できないとなると観光業はもう終わりかもしれません。

首都が止まると言うことは、日本全体の経済が滞ることと同義です。

これで良いのか?日本人よ?

自分の脳みそでよ~く考えてほしいと切に願います。