日常

終焉の時

先日の日記で、薬の存在が恐怖を克服するための材料となることを書きました。

私個人としては、薬より自己免疫を低下させないよう努めることが大事だと思っていますが、薬に依存している日本人にとって、効果があるとされる薬の存在は集団ヒステリーから抜け出す要因になり得ると考えられます。

そんな中、あのファイザーが武漢風邪用の内服薬を完成させたというニュースが飛び込んできました☟

新型コロナ: 米ファイザーのコロナ飲み薬、入院・死亡リスク9割減: 日本経済新聞 (nikkei.com)

またも有効率90%以上。嘘くさい。いや、嘘でしょうね。

安全性もよくわかりません。

しかし、その辺りはとりあえず置いておいて(笑)、この薬が認可されれば、もうこの騒動は終了です。

元々、ほとんどの陽性者が無症状で、発症しても多くが軽症、ごく一部が重症化し、ごくごく一部の高齢者にわずかな死亡リスクがあるという病が武漢風邪です。

そのわずかな死亡リスクが、さらに90%以上減らせるのであれば、もう何一つ恐れる要素がなくなります。

具体的に言えば、現在公表されている死者数は2年間の累計で約1万8千人なので、年間では約1万人とした場合、それが90%以上減少すると年間のコロナ死亡者は1000人以下になるということです。

それはインフルエンザ死者数の10分の1以下の数字です。

文字通り「ただの風邪」もしくはそれ以下の病気になるわけですね。

どれだけ新規陽性者が増えたところで、死亡リスクがほとんど無ければ怖くも何ともない。

インフルエンザより死亡リスクが低いのであれば、2年前までと同じ生活に戻しても何も差し支えないはずです。

マスクも要らなければ、人と距離を置く必要もない。

政府も緊急事態を示す指標を変えることに決めたようです☟

宣言の新指標、感染者数の数値なくす方向 政府コロナ対策分科会(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

先ほど書いたように、政府も「新規陽性者が増えること自体に何の意味もない」と認めたわけですね。

ただ、これでもまだ問題はあります。

新規陽性者の数は関係なくても、福島県のように無症状でも陽性者は全員原則入院という措置を取っていたら、結局病床使用率が上がって医療逼迫とか言われてしまうのです。

薬があろうが無かろうが、重症者も死者も少ないのは昨年からずっと同じ。

無症状、軽症でも入院させているから病床が足りなくなるんです。

これを防ぐためには、分類を5類以下にするしかない。

致死率がインフルエンザ以下なんだから、5類以下にするのは当然のこと。

なのに、未だにその動きはない。

抵抗しているのは分科会や医師会など、いわゆる専門家を自称する者たちです。

奴らの多くは既得権益を守るために抵抗しているのでしょうが、一部の医師たちからも5類引き下げに関して強い反対の声が挙がっていると聞いています。

理由は「コロナが怖いから」。

5類になったら自分の病院に感染者が来るかもしれない…。

そしたら自分も病気になるかもしれない…。

コロナ感染者に近寄りたくない…。

だから扱いたくない…。

・・・。

はっきり言わせて頂きます。

病人を診たくないなら医者など辞めてしまえ!!

一日も早く武漢風邪の分類を5類以下に改めて、狂った医者を一掃し、国民にまともな医療を提供できる状態にしてほしいと願うばかりです。

薬もワクチンもあり、ほとんどの感染者が死なない感染症は、他の感染症と比べて特別な病気でないことは誰にでもわかることです。

にも関わらず、今後も「新しい生活様式」を続けるよう求めたり、ワクチンパスポートを導入して非接種者の生活を不自由にしたりするのであれば、それは病気とは一切関係なく、国民の自由を制限すること自体が目的であるという証拠です。

これから為政者たちがどのように動くのか、冷静に事実を見極めて、間違っていることには間違っていると、しっかり声を挙げていかなければなりません。

共に戦っていきましょう!!

————————————————————————————————————————

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が中心になって立ち上げました☟

オープンチャット「【福島県】反ワク☆反マスク同盟開設!!~

想いを同じくする仲間たちとチャットで語らいましょう!

各地で頻繁に交流会も開催していますよ(^^)/

詳しくは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


月別日記

日記カテゴリー