HPの最新トピックスでは告知していたのですが、この日記にまだ書いていなかったので、一応書いておきます。

年末年始は令和2年12月27日(日)~令和3年1月3日(日)まで休診させて頂きます。

ということで、今年もラスト1週間です。

無事、1年を締めくくれるよう、いつも通り診療したいと思います。

当院も私もいつも通りなのですが、世間はそうでもないようで…

福島市も何だか色々騒がしい感じです。

そんなニュースが武田邦彦の「ホントの話」で取り上げられていました。

最近の状況を「事実だけ」を基にして解説していて、すべてに頷ける内容でした。

是非ご覧ください☟

福島市の忘年会クラスターについて的確に解説して下さり感謝です。

一度クラスターが発生したとみなされれば、その家族・関係者も根こそぎPCRにかけられて、そこから出た陽性者の家族・関係者もまたPCR…

芋づる式に陽性者がわんさか収穫出来ます。

で、無症状・軽症者でベッドが埋まっていき、医療従事者が天手古舞。

すべての元凶はPCRだということ。

ずーーーーーーーっと書いてますけど、今のままPCRを続けて、その結果だけで診断し続けていたら、この武漢風邪騒動は未来永劫終わりません。

ドイツでは、いよいよPCRに対する集団訴訟が始まるみたいです。

被告はPCRで武漢ウイルスを検出できるというキットを開発したドロステン博士になるようです。

しかし、アメリカ大統領選挙の裁判を見てしまうと、司法がまともに機能するのか不安になってしまいます…。

でも、それは信じるしかない。

吉報を待ちましょう。

とにかく、何もかも狂ってしまったこの日本を、私たちが声を挙げて基に戻していくしかありません。

署名運動も盛り上がっています☟

厚生労働省は、自粛の必要性について、その科学的根拠を示すべきである。 また、新型コロナウイルスの存在を示す根拠となる科学論文を示すべきである。 | 募金もできる署名サイトVoice(ボイス)。あなたの声で社会は変わる。

しかし、まだまだこれで世の中を動かすほどの力にはなりません。

頑張りましょう!!