今日も患者さんからインフルエンザについての相談を受けました。

「今年はワクチンを早めに打った方が良いと言われたが本当か?」

という質問でした。

誰に言われたのかはわかりませんが「今年は」ということは、やはり新型コロナとの同時流行が懸念されるからということなのでしょう。

私の答えは「ワクチン自体、効果があまり期待できないので、いつ打っても同じだと思いますよ」です。

それを聞いて「やっぱりそうですか~」と言ってました。

報道によると、今年は例年以上に多くのインフルワクチンを確保しているそうです。

インフルにしろコロナにしろ、とにかくワクチンが打ちたいようですね。

10月半ばには高齢者から優先的にインフルワクチンを接種させていくんだとか。

早めに開始して、早めに流行が始まらないといいですけどね。

ワクチン接種者はワクチン打ってない人より6倍以上のウイルスが呼気に含まれているみたいなので怖いんです。

ワクチン接種者がいる際には、換気に十分気を付けていきましょうね。

そういう状況もあってか、今年はインフルエンザの大流行が予想されています。

新しい生活様式は飛沫感染と接触感染を予防出来るそうなのでインフルエンザも予防できるはずなんですが、どうして大流行が予想されるんでしょうか?

例年以上に予防を徹底しているのに?何故?新生活様式なんて感染症予防に関係ないんじゃないの?笑

それはさておき、正直言うとインフルの流行よりも新型コロナの流行の方がよっぽど懸念されます。

何故なら発熱者が増えることでPCR検査数が増えてしまうからです。

そのことについて徳島大学名誉教授の大橋先生が説明して下さっているので、ぜひご覧下さい☟

ということなんですよね~。

ホントはインフルなり、他の原因で風邪を引いているだけなのに、PCR検査をされてしまうと全員新型コロナ感染者にされてしまう可能性があるってことなんですよ。

指定感染症になっているが故に、PCR検査を優先されてしまいますからね。

インフルの抗原検査を先に行えば結果が変わってきます。

てか、そんないい加減な検査で「感染者」とかレッテル貼られて人生変えられてしまう方もいるんですよ!

ホント腹立つ。

感染者にならないための方法はただ一つです。

それは「PCR検査を受けないこと!!」。

それ以外ありません。

高熱が出てしまって医療機関を受診する際は、絶対にインフルの抗原検査を先に行ってもらうよう懇願しましょう。

そちらの方が検査として簡単ですし結果もすぐに出ますので、真摯にお願いすればきっと対応してくれるでしょう。

きっと。

当院の患者さんにも周知していきたいと思います。

ちなみに10月から大橋先生は北海道で講演会ツアーを開催するそうです。

一人でも多く国民に新型コロナの真実を伝えたいという想いからの行動です。

いいな~。

東北にも来てくれないかな~。

いつかお目にかかれる日を夢見て叫び続けたいと思います。

Stop the PCR!!!!