気温も下がり、だいぶ秋らしくなってきましたね。

スポーツの秋ってなことで、運動会シーズンなんだと思いますけど、コロナ騒動のせいで中止する学校も多いんだとか。

そんな中で、こんな記事を見つけました☟

長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

https://news.livedoor.com/article/detail/18964420/

2mのバトンを使ってソーシャルディスタンスを保ちながらのリレー徒競走ですって(笑)

でもこれ真剣にやってるんですよ。

子供たちの顔を見ればわかります。

先生方もどうにか運動会を開催してあげたいという想いで考えた苦肉の策なのでしょう。

きっと、こんなことで感染予防になるとか思ってませんよ。

とにかく「頑張って対策してます!」っていう姿勢だけ見せないといけない世の中になってしまったんです。

科学的な根拠とか関係なしに。

他にも高校の体育祭でのリレーで、バトンは普通のものを使用したそうですが、待機中はマスク着用。自分の番が回ってくる直前に外し右のポケットに入れ、左のポケットから除菌シートと取り出し、バトンを受け取ったら走りながら除菌シートでバトンを拭くよう先生から指示されたそうです。

当然、必死で走りながらバトンを拭けるはずもなく、右手にバトン、左手に除菌シートを持ちながら走る謎の競技になったとか。

もう笑うしかないでしょう(笑)

保護者の方はそんな運動会を見て「これなら安心ね~♪」と思うのでしょうか?

はたまた「これでも危ない!中止しろ!!」と言うのでしょうか?

どちらにせよ、そんな運動会が「おかしい」「間違っている」と思えない時点でどうしようもないコロナ脳であると言わざるを得ません。

結局はマスメディアが「学校クラスターだ!!」と騒ぎ立て、それを真に受ける一部の保護者がヤイヤイ言い出すから、それを恐れて学校側は過剰な対応をしなくてはならないのです。

すべてはマスメディアの責任。

ちなみに新型コロナPCR検査陽性者の日本における20歳以下の死亡率は0%です。

こんな教育の場で本当にいいんですか??

未来を担う子供たちのためにも、大人たちがよく考えて行動してほしいと、子供のいない私は真面目にそう思っています。