今日、世界で唯一戦争で核兵器を使用した国の大統領が、世界で唯一戦争で核攻撃を受けた国の被爆地へ降り立ちました。

ちょうどリアルタイムでその模様を放送するニュースを見ました。

オバマと被爆者が抱き合う姿を見た時、ぐっと胸が熱くなり、少し泣きそうになりました。

戦争という特殊な状況下では、人が人を殺めることが当たり前になってしまい、それがどれだけひどいことなのか、感覚がマヒしてしまうからこそ、効率よく敵を駆逐するために、あのような大量破壊兵器を開発してしまうのだと思います。

あのような兵器を作ってしまったこと自体が過ちです。

新しい米国大統領候補の一人は、日本も核を保有するべきだというような発言をしているとかいないとか。

今日のオバマの姿を見て、考えを改めて頂けたら嬉しいですね。

世界は争いで満ちています。

すべての争いがなくなり、二度と過ちが繰り返されないことを切に願い、平和への祈りを捧げたいと思います…。