1878年、私が生まれるちょうど100年前に誕生している歌人与謝野晶子。

日露戦争の時に歌った『君死にたまふことなかれ』は、旅順へ従軍していた弟を嘆いた作品として有名ですよね。

その中で「すめらみことは戦いに おおみずからは出でまさね(天皇は戦争に自ら出かけられない)」と唱い 批判を浴びました。

軍による言論弾圧が酷く、誰もが戦争を肯定しなければならなかった当時、戦争へ行かなくてはならない弟を嘆いたり、戦争に行かない天皇を批判したりするような作品を世に出した与謝野晶子の心の強さに驚嘆するばかりです。

現在、武漢風邪や謎の遺伝子注射について本当のことを言うと「非国民!」と蔑まれます。

まさに戦時中と同じです。

しかし、言論弾圧に負けず、私は私の義に従って、誰にはばかることもなく、日本国民として言論の自由を行使します。

私は今日、43歳になりました。

100歳年上の43野晶子に習い、私もこの戦争を自由な心で戦い抜きたいと思います。

——————————

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が中心になって立ち上げました☟

オープンチャット「【福島県】反ワク☆反マスク同盟開設!!~

想いを同じくする仲間たちとチャットで語らいましょう!

詳しくは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう!!