東京オリンピックの開催が間近に迫り、福島県で行われる野球・ソフトボールも無観客での開催が決まりました。

そんな今日の福島県の陽性者数は9人。

県民80万人中、たったの9人。

それでも無観客。

ため息が出ます…。はぁ。。。

それに対し、サッカーが行われる宮城県は有観客での開催を決定しました。

宮城県の村井知事は 「目先のことしか考えず批判を恐れ大義を見失う政治家が多いと思います。本当に情けないです。私はいつ辞めても良いと考え大局を見失わないよう行動します。何となく晩年の西郷隆盛の気持ちがわかる 」というような発言をなさっているとか。

我が県の知事に爪の垢を飲ませてあげて下さい。

ホント情けない。。。

そんな中、次の日曜に投開票となる兵庫県知事選挙。

他県の知事選にさほど興味を持ったことはありませんが、今回の兵庫県知事選挙には注目の候補者がいます。

元加西市長の中川暢三氏です。

中川氏が掲げる武漢風邪対策「兵庫モデル」は、非常に共感できる真っ当な対策だと思います。

その「兵庫モデル」とはどのようなものなのか、ご本人が語っておられるのでぜひご覧ください☟

上述した村井知事同様、批判を恐れず覚悟を持って取り組もうとする心意気が素晴らしいですよね。

我が県の知事に爪の垢を…(笑)

遺伝子注射に関しても自ら接種しないことを表明されていますし、打たない人の権利もしっかり守ってくれそうですよね。

勝ってほしいな~。

でも…、実は私、有権者となって20年以上になりますが、今までの選挙で応援した候補者が勝ったことってほとんどないんですよね…(苦笑)

されど!迷惑かもしれませんが応援します!!笑

兵庫県民ではないので投票は出来ませんが、心から応援します!!

地方から日本を変えていけるよう頑張りましょう!!