福島県は武漢風邪の感染が爆発して医療が逼迫しているとかで、14日に県独自の非常事態宣言を知事が発令しています。

国にまん延防止等重点措置の対象となるよう要請していましたが、ずっと保留にされているので、仕方なく独自で発令したみたいです。

1度振り上げた拳を何もせずに降ろすことが出来ない。

絶対に間違いを認めない官僚出身らしいやり方です。

感染爆発とのことですけど、今日の新規陽性者数は23人。

県民80万人中23人です。

感染爆発?

実行再生産数は1.09☟

感染爆発??

病床数の90%近く埋まっているとのことで医療が逼迫だと言っていますが、重症者はどれくらいいるのでしょう?☟

県民80万人中24人。

医療逼迫???

福島県の武漢風邪用病床数は469床。

県民80万人に対し469床。

その90%が埋まっているのだとすると約422人の陽性者が入院しているということですが、そのうち重症者が24人。

福島県は原則として無症状者・軽症者も隔離入院としています。

自宅やホテル療養はありません。

つまり、現在の重症者が24人ということは、約400人ほどの無症状者・軽症者が入院しているということ。

軽症者の多くは3日も寝ていれば治りますので、約400人のほとんどは無症状者だと思われます。

ようするに、医療を必要としない無症状者を入院させているせいで、病床数が逼迫しているということです。

知事はこのことについて、すべての感染者に医療を提供するためと言っています。

しかし、医療が逼迫しているせいで本当に医療が必要な人に十分が医療が行き届かない状況になっているとも言っています。

何言ってんの?

ホントにバカなの?

無症状者を入院させているせいで本当に医療が必要な人が困るんでしょ?

それはお前らの責任であって、県民が犠牲にならないといけない理由は何もない。

結局、国がマンボウを適用しない理由はソコにあるというのに、知事は理解しようとしない。

で、独自の非常事態宣言とか言って何をするのかと思えば相も変わらず飲食店いじめ。

8時に閉店して酒出すなという例のアレです。

東京でも大阪でも、まったく意味がないという結果が出ていますよね?

そもそも最近の福島の夜の街は閑散としていて、これ以上客を減らしても何の意味もない。

無症状者・軽症者を入院させず自宅療養にする、武漢風邪病床を増やす。

現在の法律の下で打てる医療逼迫対策はこの2つくらいしかありません。

特に無症状者・軽症者を自宅療養にすることは法的に認められていますし、他の自治体では行われていることですので今すぐにでもできる対策です。

そして武漢風邪患者を受け入れない病院に罰則を科すなどして病床を増やせばいい。

住民にだけ行動制限を課し自由を奪う知事の横暴は、完全なる権力の濫用です。

この無症状者による医療逼迫という異常事態を作り出しているのは県民ではなく自治体です。

いつまで大人しく我慢しているつもりですか?

バカな政治家に殺される前に動きましょう!!