日常

権利の行使

いよいよ明日、投開票を迎える衆議院選挙ですが、我が家の周りには選挙カーもほとんど来ることはなく、大変静かな状態でした。

私はすでに期日前投票を済ませておりますので、結果を待つのみという感じです。

一応書いておきますが、選挙会場へはノーマスクで堂々と入って行き、普通に投票をして帰ってきました。

そこかしこに消毒液が置いてあり、係員の前にはビニールシートが張られていて、な~んか嫌な雰囲気でした。

今回の選挙の争点は、その「感染症対策」だとされていますので、私がノーマスクで突入するのは私の政治への意思表示でもありました。

もし何か言われたら、憲法・法律における権利と義務について討論してやろうと意気込んでいたわけですが、特に何も言われませんでした(笑)

まぁ、それはいいのですが、本当の問題は投票したい候補者がいないってことなんですよね~。

小選挙区だと、結局組織票を持ってる大きな政党しか勝てないから新しい立候補者が出てきづらい。

だからいつも同じ顔触れで、引退したら世襲。

選びたい候補がいないのでは、私に選挙権があるとは言えないと思います。

まったく同じことを科学者の武田邦彦先生も仰っています☟

武田先生は国民に選挙権がない理由として、投票したい候補者がいないことの他にもう一つ、正しい情報が国民に与えられないため正しく判断して投票出来ないという点を挙げられました。

まさにその通り!

メディアは国民に誤った、もしくは偏った情報を流し、騙された多くの国民に忖度して政策が作られる。

メディアによって政治がコントロールされているということです。

これは民主主義ではありません。

朝日のように、この国を貶めたい反日左翼メディアも存在します。

現在、世界はパンデミックを利用して、世界同時共産主義革命の真っ最中です。

日本もそのうねりに完全に巻き込まれています。

この騒動をきっかけにして、今の危機的状況に気が付いた人も多いはず。

共産主義、全体主義に私は全面的に反対します。

自由を守るため、これからも私は自分の意見を発信し続けたいと思います!

————————————————————————————————————————

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が中心になって立ち上げました☟

オープンチャット「【福島県】反ワク☆反マスク同盟開設!!~

想いを同じくする仲間たちとチャットで語らいましょう!

各地で頻繁に交流会も開催していますよ(^^)/

詳しくは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


月別日記

日記カテゴリー