北海道でPCR陽性者がいっぱい出たとかで、またテレビは大騒ぎを始めましたね。

ほとんどインフルエンザなんじゃないですか?

今年はこんなことになってますけど☟

少な!!

てか去年多いな!

でも一昨年と比べても今年のインフル患者の少なさは異常に見えます。

PCR検査ではインフルエンザでも陽性が出る場合が多いにあり得ます。

インフルエンザウイルスの遺伝子に反応することもありますし、インフルエンザに感染して症状が出ているのに、たまたま付着していた新型コロナウイルス1個に反応して陽性が出ることだってあります。

つまりインフル患者がコロナ患者としてカウントされている可能性が高いということです。

しかし脳がお花畑になっている日本人は「みんな頑張って予防しているからだね♪」とか言うんでしょうね。

まぁ、たしかにそれも一部あるかもしれません。

ただ、もし今の「新しい生活様式」とやらでインフル予防がここまで完璧に出来ているのだったら、何故新型コロナの患者は増え続けているのでしょうか?

感染経路はまったく同じです。

よって取れる予防対策もまったく同じ。

なのにインフルは予防出来てコロナは無理。

何故?Why??

もうホント、偽りばかりのこの世界が嫌になります。

まともな人間は生きにくい世界になってしまいました。

何も考えず、言われるがままに、奴隷のように生きていれば楽なんでしょうかね?

私には到底無理なので、少し苦しいかもしれませんけど、自分で考えて、自分の意思で行動し続けたいと思います。