いつも書いていますが、今回のコロナ騒動、諸悪の根源はマスメディアです。

特にテレビ。

ニュースにワイドショー。

未だに新型コロナの危険性だけを煽り続け、視聴者を恐怖と不安に陥れています。

これは視聴率を上げるために行っている偏向報道で、出演する専門家やコメンテーターは、その番組の意向に合うことしか言わないよう仕組まれています。

多くの専門家が今回の件で出演依頼があった際に「コロナは危険だ」「PCRを増やせ」という発言を求められ、自分の意見とは違うので断ると出演自体が無くなったという話を自身のSNSなどで発言しています。

それがテレビです。

どのメディアもそうかと思っていたのですが、意外にラジオは自由なようで、番組によってはまともなことが言えるみたいです。

下は京都大学の教授である藤井聡氏(社会工学)がパーソナリティーを務めるラジオ番組で、コロナ騒動の本質を見事に突いています。

大変面白いので、ぜひお聴きください☟

これ、KBS京都で放送されている番組のようなんですけど、普通にYouTubeに上がってて権利とか大丈夫なの?って感じです(苦笑)

まぁ、それはとりあえず置いておいて(笑)、こんな内容の番組、テレビでは絶対に流せませんよね。

でもこれが本当の話です。

多くの医師がコロナは普通の風邪程度の病気であると思っている。

テレビではなかなか聞けない言葉です。

やっぱりテレビを見るのはやめましょう。

一日も早く、多くの方がテレビの洗脳から解放されることを心より願います。