感染症に罹患しているか判断する身体所見の一つに「発熱」があります。

最近は毎日出社前に体温を測定するよう義務付けている会社も多くなってきているようです。

当院ではコロナ騒動が起こる以前から、発熱のある患者さんの来院はお断りしております。

現在も同じ対応をしておりますが、来院後に身体所見から発熱が疑われる患者さんには体温測定をお願いしています。

今までは普通の脇下で測定する体温計を使っていましたが、毎回消毒するとはいえ他者との接触を気にする方も多いだろうと思い、非接触式の体温計を導入することにしました☟

表示されている数字は、今日の私の体温です。

上の方をおでこに向けて真ん中のボタンを押すだけで計測できます。

37℃を超えていると警報音がする優れものです。

非接触式の体温計は銃みたいな形のものが多いようなのですが、色々探していたらこんなおしゃれなデザインのものが見つかりました。

大きさは掌くらいで、とても軽く、持ち運びが便利です。

脇下で測る体温計と比べても、ほぼ同じ数字が出たので、精度はそれなりに高いのではないかと感じました。

完全に鵜呑みには出来ませんが、一つに指標にはなると思います。

緊急事態宣言が延長されたことで、明日以降も今のような状態が続きます。

少しでも不安を取り除けるよう、これからも感染防止策を講じていきたいと思います。