今朝は治療室の温度が20℃で、肌寒い状態でした。

鍼灸治療をする際は、必ず肌を露出して頂く必要があるため、この室温では風邪を引いてしまうかもしれない…。

ということで、再び暖房を入れることになりました。

あんなに暑かったのに…。

でも通常梅雨時期には暖房を使う日が毎年ありますので、特におかしいことではありません。

ただ今年は5月が暑過ぎた。

もう真夏が来たという印象を持っていましたから、またこの寒さが戻ってくるなんて考えもしませんでした。

甘いな。。。

とにかく、皆さんが快適に治療を受けられるように、室温には気を配っていきたいと思います。