「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の「きさらぎ」という名称とは関係がないんだとか。

旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」となった説とか、草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」からきた説やら色々あるそうです。

ふーん。

さて、二月になりました。

寒い寒い二月です。

ここを乗り切れば、あとは暖かい春がやってくる。

きっとくる。

強い気持ちで二月を制していきましょう。