あの未曾有の大災害から今日で6年が経過しました。

今日も朝からずっと忙しく仕事をしていたので、今日という日に思いを馳せる余裕もありませんでしたが、皆さんはどうだったのでしょうか?

きっとこうやって、3月11日も特別な日ではなく、普通に日常の一部分となっていくのかもしれませんね。

よく、震災を風化させてはいけないとテレビなどで聴きます。

たしかに、忘れてはいけないこと、語りついていかなければならないことは、たくさんあります。

被災地の現状や、避難者の苦しみなども、常に心に留めておく必要があります。

それと同時に、辛い記憶は一端忘れて前に進まなければならないことも多々あると思います。

過去に目をそらすということではなく、受け入れ、乗り越えて、次に進まなければ、明るい未来は訪れないのかもしれません。

私の仕事は、健康面からの苦しみを少しでも取り除き、皆さんが笑顔になれるようお手伝いをさせて頂くことです。

この仕事を通じて、少しでも被災地の復興に寄与できればと思っています。

一緒に頑張りましょう。

そして、震災で犠牲となられた多くの方々のご冥福を心からお祈りいたします。