アクセスカウンター

日常

自由を守れ!!

今度は「対策強化宣言」ですって☟

「対策強化宣言」創設へ 政府、「第8波」備え 外出自粛要請も(産経新聞) – Yahoo!ニュース

病床50%以上なら、福島県はすでに要件を満たしていますので、いつでも県知事が発令出来る状態にあるということですね。

重症者はゼロなのに。

殆どの入院者は軽症か無症状の高齢者。

それで医療が逼迫しているから外出自粛要請?

頭おかしいとしか言いようがない。

こうやって危機を煽り、人民を救うためと称して為政者が権力を振るい自由・人権を奪っていく。

それを常態化し、自由を制限されることが当たり前だと思い込ませる。

その最終的な目標は「緊急事態条項」を憲法に加えること。

これがどれだけ恐ろしいことか、わかりやすく解説してくれている動画がありますので、是非ともご覧になって下さい☟

今まさに、この計画が着々と進行しているというわけです☝

戦争や災害のような、本当に国家の緊急事態であるならば、国民一人一人の権利を多少制限されても致し方ない場合もあるかもしれません。

しかし、この茶番デミックのように何一つ国家の危機でもなく、しかも人為的に作られた状況によって緊急事態を宣言されてしまう状況下に於いて、人権を著しく奪われる「緊急事態条項」を国の最高法である憲法に書き加えるなどということは絶対に許すわけにはいきません。

もし仮に、戦争や災害など「本当の緊急事態」が実際に起こったとしても、動画内で言っていましたが、憲法ではなく、その都度法律で規定すれば事足りると思います。

期間限定で。

憲法で規定されてしまったら、元に戻ずのも至難の業です。

何せ、日本国憲法は70年以上もの間、一度も変えられたことがないのですから。

その憲法を変えることが党是である自民党は、今が絶好の機会とばかりに動いています。

憲法を変えること自体が目的となってしまっている。

ここで一つ言っておきたいのですが、私は憲法を変えること自体に反対しているわけではありません。

動画内では「改憲=緊急事態条項=悪」という言い方をしていました。

しかし「緊急事態条項=悪」なのは間違いないのですが、だからと言って必ずしも「改憲=悪」だと私は考えておりません。

何故なら、日本国憲法は「アメリカ人によってアメリカ人のために作られた憲法」だからです。

つまり、日本国憲法は「日本人が日本人を思って作った憲法」ではないということです。

そんな憲法では2500年以上も続いてきた日本の國體を守ることは出来ない。

憲法を「改悪」させてはいけませんが、より良く「改良」することを私は否定しません。

そのためにも、国民一人一人が日本国憲法を学び、世界と日本の現状と照らし合わせて、どこが良くてどこが悪いか議論し合うことが大事だと思っています。

私の支持する参政党は「改憲」ではなく、一から憲法を作り直す「創憲」をすべきと主張しています。

ただそれは単に言葉遊びみたいなもので、憲法を作り直すということは憲法を変えるということですから、実質的に「改憲」と同義だと私は思っています。

さっき書いたように「改憲=緊急事態条項」というイメージ付けがされていて参政党が「改憲」という言葉を使うと「やはり参政党は改憲勢力だから緊急事態条項に賛成しているんだ!」などと誤ったレッテル貼りをされてしまいます。

それを避けるために「創憲」という言葉を使っているに過ぎないと私は解釈しています。

そしてそれが正解です。

くだらないレッテル貼りで、無用な誤解を受けるのはバカバカしいですからね。

参政党は「創憲」を目指し、緊急事態条項には断固反対です。

私はその方向性を支持しています。

とにかく、第8波(笑)とか言って煽っていますが、冬に風邪を引く人が増えるのは当たり前のことで何一つ緊急事態ではありません。

病床が逼迫するのは、ただの風邪を2類以上の扱いにしているからです。

5類以下にすればすべて解決します。

それをせず闇雲に危機を煽り、有りもしない緊急事態を演出し国民の自由・権利を奪おうとするこの現状こそが、我々日本国民にとっての緊急事態です。

何が「対策強化宣言」だ!!

その対策とやらを徹底してきた結果が陽性者数世界一だろう!!

そんな無駄な対策を更に強化するなど愚の骨頂!!

何が自粛要請だ!!

自粛とは、自分から進んで、行いや態度を改めて、つつしむこと。

要請とは、必要な事が実現するように、願い出て求めること。

自ら進んで行うよう為政者が願い求めるって意味不明だろうが!!

自粛は誰かに要請されて行うものではない。

自らの意思で必要だと感じたのなら行えばいい。

自分の頭で考えて、自分の意思で行動しましょう。

誰かに管理されることに慣れてしまうと、自分の意思では何も出来ない人間になってしまいます。

奴らの目的がそこにあるのだと気付きましょう。

憲法に緊急事態条項を入れられたらおしまいです。

何としても阻止しましょう!!

日本を守るために、国民運動を起こしていきましょう!!

お勧めイベント

郡山で、私の仲間たちが上映会&講演会を開催します☟

『真実を教えてください2』郡山上映会&講演会

【期日】令和4年(2022年)12月16日(金)
【時間】
□受 付 13:15
□開 場 13:30
 
《第一部:上映会》
■上映会 14:00〜16:10
□講 話 16:20〜17:00
                     鵜川和久氏
           (コロナワクチン被害者駆け込み寺代表)
 
《第二部:講演会》
□開 場 18:00
■講演会 18:30〜20:00
□講 師 原口真一氏(元公立中学校校長) 
□質疑応答20:00〜20:20
□閉 会

 

【会場】郡山市中央公民館多目的ホール
〒963-8876 福島県郡山市麓山1丁目8−4
  電話番号024-934-1212
  地図
https://maps.app.goo.gl/taebhAMK7LyMcwDw5

 

【入場料】上映会のみ1,000円

                    講演会のみ1,000円
     上映会&講演会通し1,500円
 
【定員】223人
 
【主催】コロナ禍を考えるこおりやま市民の会
 
参加申し込みは以下のページから☟
 
ぜひとも参加して下さい!!
 
宜しくお願いします!!

お勧めコンテンツ

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が立ち上げました☟

オープンチャット「井上正康先生を慕う福島県民の会」
https://line.me/ti/g2/B4dZrK7y0vKMl9zMPiy7FOmlyEWH5zy0WCZ7HQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

大阪市立大学名誉教授の井上正康先生の見解を基準とし、想いを同じくする仲間たちとチャットで語らう場所です♪

井上先生の見解については以下の動画をご覧下さい。

福島市で開催された井上先生の講演会(前編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(後編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(質疑応答)☟

勿論、完璧に理解できなくても全然OKです!!

大きく逸脱する主張(ウイルスは存在しない、コロナは5G、ワクチンに酸化グラフェンが入っているなど)を控えて頂ければ何の問題もありません♪

※あくまで「コロナ騒動全般について語らうチャット」であって、井上先生についてだ話すチャットではございません!

頻繁に交流会も開催していきますよ(^^)/

QRコードは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新の日記

月別日記

日記カテゴリー