アクセスカウンター

日常

他人のために打つのを止めろ

テレビでは第8波が始まったとかで、案の定、また接種推進の煽りが強くなってきました。

現在、全国の接種率はこんな感じ☟

最近、この数字あまり見てなかったんですけど、3回目の接種率70%近くに達しているんですね。

さすが世界No.1の接種率!!

尾身クロン用も低調とか言ってますけど、最終的には同じくらい打つんじゃないですか?

3回目の時も出だし低調って言って煽ってましたから。

で、全国で最も接種率の高い秋田県はこんな感じ☟

3回目が約80%、4回目が約50%。

さすがの数字ですね。

そんな秋田県は、よほど予防できているんだろうと思いきや…☟

テレビ朝日系列の秋田朝日放送(AAB)のニュースです☝

80%もの県民が3回も接種しているのに、感染者はどんどん増えて、まぁ大変。

4回目も50%打ってるのに「効果減衰」とか言われちゃって。

そもそも、ファイザーは感染予防効果を確認する実験すら行ってないのに☟

最初からわかっていたことですが、この遺伝子注射に感染予防効果はありません。

何度打っても感染します。

むしろ免疫力が抑制されて感染しやすくなります。

すでに非接種者より3回接種者の方が感染率が高くなっている現実のデータが出ています。

感染すれば他人に感染させる。

つまり「他人のために打つ」という論理は完全に破綻しているんです。

打てば打つほど感染するし感染させる。

ならばむしろ「他人のために打つのを止めろ」と言った方が正しいということです。

にも関わらず、政府は若者に対し過度な接種勧奨を続けています☟

感染予防効果のない遺伝子注射を学生に接種させる必要性は一切ありません。

いつまでこんなことを続けるつもりなのか…

もう十分わかりましよね?

政府は国民の命を助けません。

自分の身は自分で守るしかない。

誰に何を言われようとも、自分の身体に入れるものは、自分で調べて、自分でよく吟味して、自分の意思で決めて下さい。

後悔先に立たず。

自分の人生を大事にして下さいね。

お勧めイベント

郡山で、私の仲間たちが上映会&講演会を開催します☟

『真実を教えてください2』郡山上映会&講演会

【期日】令和4年(2022年)12月16日(金)
【時間】
□受 付 13:15
□開 場 13:30
 
《第一部:上映会》
■上映会 14:00〜16:10
□講 話 16:20〜17:00
                     鵜川和久氏
           (コロナワクチン被害者駆け込み寺代表)
 
《第二部:講演会》
□開 場 18:00
■講演会 18:30〜20:00
□講 師 原口真一氏(元公立中学校校長) 
□質疑応答20:00〜20:20
□閉 会

 

【会場】郡山市中央公民館多目的ホール
〒963-8876 福島県郡山市麓山1丁目8−4
  電話番号024-934-1212
  地図
https://maps.app.goo.gl/taebhAMK7LyMcwDw5

 

【入場料】上映会のみ1,000円

                    講演会のみ1,000円
     上映会&講演会通し1,500円
 
【定員】223人
 
【主催】コロナ禍を考えるこおりやま市民の会
 
参加申し込みは以下のページから☟
 
ぜひとも参加して下さい!!
 
宜しくお願いします!!

お勧めコンテンツ

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が立ち上げました☟

オープンチャット「井上正康先生を慕う福島県民の会」
https://line.me/ti/g2/B4dZrK7y0vKMl9zMPiy7FOmlyEWH5zy0WCZ7HQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

大阪市立大学名誉教授の井上正康先生の見解を基準とし、想いを同じくする仲間たちとチャットで語らう場所です♪

井上先生の見解については以下の動画をご覧下さい。

福島市で開催された井上先生の講演会(前編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(後編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(質疑応答)☟

勿論、完璧に理解できなくても全然OKです!!

大きく逸脱する主張(ウイルスは存在しない、コロナは5G、ワクチンに酸化グラフェンが入っているなど)を控えて頂ければ何の問題もありません♪

※あくまで「コロナ騒動全般について語らうチャット」であって、井上先生についてだ話すチャットではございません!

頻繁に交流会も開催していきますよ(^^)/

QRコードは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新の日記

月別日記

日記カテゴリー