昨日、一昨日と、福島県の新規陽性者がついに0人になりました☟

これを受けて福島県知事は「人流が抑えられたことと、ワクチン接種が進んだおかげ」などとほざいていました。

現状を見れば普通分かるでしょうけど、人流が増えれば増えるほど陽性者が減っています。

海外では接種済み者の方が感染率高いというデータが出ているのだから、ワクチンのおかげなわけないでしょって話です。

何度も何度も書いてきましたが、ウイルス感染症は勝手に増えて勝手に減るんです。

何をしようがしまいが一緒。

我が県の知事はそんな常識も知らず、段階的に規制を緩和するとか言ってますが、おそらくそれば「ワクチン検査パッケージ」の導入ってことなんでしょう。

イタリアでは「グリーンパス」という同じような制度が導入されています。

今度はそれを労働者全員に義務付けると政府が発表し、大変な騒動に発展しているようです☟

フランスが酷い状態なのは聞いていましたが、イタリアもとんでもないことになっていたのですね。

リモートワークをするのにもグリーンパスが必要って、意味不明にもほどがあります。

もはや完全に感染症対策とは関係なく、全体管理・監視社会するためのツールとして利用しているだけに過ぎません。

政府の命令に従わない者は、この国で生活することが許されない。

これのどこが民主主義なのか?中国共産党と何が違うのか?

先ほど書いたようにフランスも酷い状況で、13週連続大規模デモが起こっています☟

13週ということは、もう3ヶ月以上です。

この規模のデモが3ヶ月以上続いているのに何も変わることなく、むしろ悪化する一方。

パリの街にはこのような物まで用意されているようです☟

ギロチン台☝

マリーアントワネットのように、マクロンをこの台に乗せるまで、自由を求める市民の活動は終わらないのかもしれません。

それが市民革命で自由を勝ち取ったフランス人の誇りというものなのでしょう。

ですが、残念なことに、どれだけ頑張ってマクロンを倒したところで、文字通り首を挿げ替えられるだけで、本質は何も変わることはないでしょう。

敵はマクロンなど各国首脳を操る国際金融資本、グローバリストなのですから。

闇は深いです…。

ただこれは対岸の火事ではなく、私たちの目の前に迫ってきている現実です。

私たちも出来る限りのことで戦わなくてはならない。

そんな中、明日はいよいよ日本政府に対してワクチン接種中止を求める訴訟の第一回目の口頭弁論が東京地裁で行われます!☟

反コロナ・ワクチン訴訟(武漢ウイルスワクチン特例承認取消等請求事件) (567sosyou.org)

私は仕事で駆けつけることは出来ませんが、東京近郊の方はぜひ現地に集まって原告・弁護団を応援して下さい!

私も資金面などで出来る限りサポートしていく所存です☟

寄付のお願い | 反ワクチン運動基金 hanwakukikin.jp

ワクチン特例承認取消訴訟を支援する会 (わくちんとくれいしょうにんとりけしそしょうをしえんするかい)【署名応募受付中】新型コロナワクチン特例承認取り消しを求めます! – リザスト (reservestock.jp)

結局、何をしても変わらないかもしれない。

でも、だからと言って、何もせず、ただただ泣き寝入りして、長いものに巻かれて、権力者に支配されるのを待つ気には到底なれない。

一致団結して、戦っていきましょう!!

——————————

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が中心になって立ち上げました☟

オープンチャット「【福島県】反ワク☆反マスク同盟開設!!~

想いを同じくする仲間たちとチャットで語らいましょう!

詳しくは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう!!