爆発的に感染が拡大していると言い続ける福島県ですが、昨日の実行再生産数は…☟

0.69。

この状態で非常事態だったら一年中非常事態ですよ。

当然、新規陽性者も右肩下がり☟

反面、隔離解除者は新規陽性者の倍ほどいます☟

連日こういう状態なので病床使用率はどんどん下がっていますが、県は「病床数を増やしたからだ!」と豪語しています。

たしかに増えました。

半年以上、一切増えることのなかった武漢風邪病床が。

その数…27床。

大事なことなのでもう1度言います。

27床!!笑

これで県民80万人に対する病床数は496床となりました。

県内の医療機関ではギリギリの数で医療従事者の負担は限界に近いそうです。

本当にそうなんですか?

GACKTがこんなこと言ってますけど?☟

日本は国民1人あたりの病床数が世界トップを誇ります。

ですが、武漢風邪はペストやエボラ出血熱と同等の扱いをしていますので、扱える病院がほとんどありません。

どう考えても致死率40%~50%の病気と同等なわけないでしょ?

季節性インフルエンザと同じ5類にすればすべての問題が解決します。

あとPCRも止めれば完璧。

今すぐ終息しますよ。

なのに福島県のPCR実施件数は増える増える☟

ここ1週間はたまたま偽陽性が少なくなっただけで、このPCRの数が減らない限り、いつでも得意の「過去最多」を記録するでしょう。

日々垂れ流される無駄な数字に踊らされることなく、冷静に事態を見極めましょう。

そして、おかしいことはおかしいと、間違っていることは間違っていると声を挙げましょう。

GACKTのように。

知っているのに黙することは、同じ罪を背負うことになります。

この先、未曽有の危機に陥った日本で自分は精一杯戦ったと胸を張って生きていけるよう、一緒に出来る限りのことをしていきましょう!!