どうやら緊急事態宣言の発令地域が拡大されたようですね。

福島県も独自の緊急対策期間を定めたとかで、外出の自粛や飲食店への時短営業を要請したみたいです。

それに対し福島市は年末から発令していた緊急警報を感染者(嘘)数が落ち着いてきたとかで昨日解除したばかりでしたが、その県の緊急対策を受けて、色々検討しているとか何とかニュースで言ってました。

はぁ…。気が滅入る。。。

そして更に嫌な気持ちになるのは、そのニュースで恐怖を煽った後に必ずワクチン接種のニュースを流すことです。

福島県でも来月にはワクチン接種が開始できるよう、万全の体制を整えると担当者という人が力強く語っていました。

よほど県民を殺したいようです。

テレビで報道されたのを見たことはありませんが、私のところへはワクチン接種後少なくとも4人の方が死亡しているという情報が入っています。

イスラエルで2人、カナダで1人、アメリカで1人。

特に驚いたのはアメリカの方で、56歳の男性医師、基礎疾患などなく健康な成人男性でしが、ワクチン接種後たった16日で死亡しています。

ワクチン接種3日後に手足に皮下出血の斑点に気付き、血液検査で出血を止める血小板が著明に低下していることが判明し「特発性血小板減少症」と診断されたそうです。

特発性血小板減少症(ITP)とは、自分の血小板をゴミとして処理する過程で炎症を引き起こす自己免疫疾患です。

彼はそれまで健康を維持していて、自己免疫疾患などの免疫異常もなかったとのこと。

入院して血小板輸血やあらゆる自己免疫疾患の医薬品を投与されたものの、血小板は回復するどころか、治療の甲斐なくゼロになり、2021年1月3日に脳内出血で命を落としたとのことです。

ご家族は当然ワクチン接種が原因だと訴えていますが、製薬会社は因果関係を認めていません。

他にも、約10万人中3000人程度に日常生活が送れないような副反応が出ているという報告もあります。

日本の専門家は「国民の7割がワクチンを接種すれば春頃には終息するかもしれない」などとほざいていますが、日本人の7割である約8400万人が接種した場合、約252万人が日常生活を送れなくなるということです。

では、その武漢ウイルスワクチンとはどういったものなのか?

ウィスコンシン医科大学名誉教授の高橋徳先生が大変詳しく解説して下さっているので、ぜひ下の動画をご覧下さい☟

恐ろしいですね…。

まさに人体実験です。

人体に謎の遺伝子を入れて、自分の細胞でウイルスのタンパク質を作らせるとか…

自分の遺伝子が組み替えられてしまったら、一生「謎の遺伝子人間」のまま生きていくことになるのです。

自分だけならまだしも、その子孫にまで影響が出る可能性も高いと思われます。

ホントにこれ、皆さん打つんですか…??

薬は何でもそうですが、人体にとってはすべて毒物です。

身体に良い薬などありません。

それでも薬を使うのは、使用することのデメリットよりも使用することで得られるメリットの方が大きい場合のみです。

つまり、リスクを背負うだけの効果が得られること。

ワクチンの場合、目的の疾患が予防出来ることが効果となりますが、製薬会社はいずれも90%以上の効果をうたっています。

ですが、その数字はマヤカシです。

カラクリは以下の通り☟

ワクチンの効果である感染の予防とは「感染率の低下」を意味します。

つまり今回算出すべき目的は「感染率がどう変化するか」であって「感染者数の割合の違い」ではないのです。

ですので、感染者数の割合ではなく、被験者全体の感染率の差を出すのが正しい答えになります。

もっと簡単な数字に直して計算してみましょう。

被験者4万人のうち2万人にワクチンを接種。4万人のうち100人が感染し、ワクチン接種群では10人だった。よって90%感染を予防出来た。

というのが製薬会社の言い分です。

しかし、2万人中90人だと感染率0.45%で、10人だと感染率0.05%となり、感染率の差はたったの0.4%であるということなので、ワクチンを接種しても0.4%しか効果がないという結果になります。

ざっくりした数字に替えたので高橋先生の動画と0.1違う数字になっちゃいましたが、中身は同じ。

効果は「誤差の範囲」であるということです。

その「誤差」のために上記のような死ぬ可能性もあるリスクを背負いますか?

そもそも、この治験結果の通りワクチンを接種しなくても99.5%以上は感染しないのに、死ぬ可能性のあるリスクを背負ってまでワクチンを接種する必要がありますか?

高橋先生の仰る通りです☝よく考えましょうね。

昼のニュースで菅総理がビルゲイツと感染症について電話会談したと報じていました。

一国の首相が他国のIT企業の社長と感染症について会談するっておかしいですよね?

そしてそれがニュースとして全国ネットで流れることも。

つまり、菅政権は「あっち側」だということを報じたのだと思われます。

日本のワクチン政策は、奴らの方針で進めていくぞと。

本当に嫌な世の中になってきました。

もはや自分の身は自分で守るしかない。

自分と自分の大切な人を守るためにも、しっかりと情報を集め知識武装をしていくことが肝要です。

たくさんの仲間が多くの情報を発信しています☟

厚生労働省は、自粛の必要性について、その科学的根拠を示すべきである。 また、新型コロナウイルスの存在を示す根拠となる科学論文を示すべきである。 | 募金もできるオンライン署名プラットフォームVoice(ボイス)。あなたの声で社会は変わる。

強い心で困難な世の中を共に生き抜きましょう!!