昨日まで、緊急事態宣言が出されてから初めての三連休でしたが、報道によると都心の人出はだいぶ減少したようです。

しかし「前回の宣言時ほどではない!もっと気を引き締めろ!」と、相変わらず偉そうに上から目線で国民に命令をしています。

テレビ出てる奴は偉いんですか?まったく腹が立つ。

前回の緊急事態宣言など何の意味もなかったと大阪の専門家会議で結論が出されているのに。

奴らの言い分だと、人出が減らない理由は「あの頃より恐怖心が薄らいでいるから」だそうです。

それは正解でしょうね。

ちゃんと情報を入手出来る人は、何も怖がる必要がないことを知っていますから、テレビに騙さることなく普通に行動していると思います。

ようするに、奴らはそれが気に入らないということです。

自分たちが必死に怖がらせているのに、何故言うことを聞かないんだ!奴隷どもめ!ってことですよね。

国民を馬鹿にするのも大概にしろ。

とは言え、洗脳が解けてきている人も増えてはいるのですが、まだまだ騙され続けている人の方が圧倒的に多いのも事実。

そんなすべての人に、この徳島大学名誉教授の大橋眞先生と元衆議院議員の松田学氏の対談を聞いてほしいと願います☟

大橋先生のヘアースタイルがバッチリ決まっていてかっこいいですね☆彡

ご自身の動画ではたまに髪が爆発していて、科学者!って感じなんですけど(笑)

それはそれで素敵です☆彡

それにしても、この対談の中身は本当に濃いです。

今の騒動の疑問点すべてに答えています。

人間のゲノムの半分がウイルス由来の可能性があって、元々人間自体がウイルスから進化したという説もあるという話は初めて聞きました。

それならPCRでヒト由来の遺伝子にも反応して陽性が出るのも納得です。

そもそもウイルスって何??って話にもなりますけどね。

とにかく、この騒動の大元はPCRを武漢風邪と診断する唯一無二の検査にしていること。

この日記で何度も何度も書いてきましたが、PCRさえやっていなければ昨年も今年も、何も変わらず普通に生活が出来ていたはずです。

この話をすると、洗脳されている方の多くが「??感染者を減らしたいんだよね??」と、政府や医師会が必死にPCRを増やしメディアがその必要性を煽る意味がわからなくなるようです。

PCRを増やせば増やすほど陽性者は増えるのに、メディアは感染者を減らすためにPCRを増やせ増やせと言う。

そりゃ混乱しますよね。

メディアが嘘をつくなんて微塵も思っていない人は。

すべてはワクチン接種とIT化、それによる世界を全体主義で統一するグローバル化を進めることが目的です。

そのために、今まで築いてきた文化や経済、そして日常生活をすべて破壊し、リセットする。

世界経済フォーラムという一部の権力者たちが掲げる「グレートリセット」の実現のために仕掛けられた偽パンデミックなのです。

大橋先生も「何か大きな力が…」的なことを言ってましたよね。

今まで集積された多くの情報と現在の状況を考えれば、誰でもこの答えに辿り着きます。

ただ、わかったところで個人に何か出来るかといえば…・正直、事態を変えることは難しいでしょう…。悔しいですが。。。

ですが、知っているのと知らないのとでは対処の仕方が大きく変わってくると思います。

そのためにも、多くの人と情報を共有し、自分や自分の大切な人が身を守れる手段を模索することが大切かと思います。

仲間はたくさんいます☟

厚生労働省は、自粛の必要性について、その科学的根拠を示すべきである。 また、新型コロナウイルスの存在を示す根拠となる科学論文を示すべきである。 | 募金もできるオンライン署名プラットフォームVoice(ボイス)。あなたの声で社会は変わる。

私も私が知る限りの情報発信を続けていきます。

一緒に戦っていきましょう!!