日本全国で新型コロナの新規感染者とされている人が1000人を超えてきたとかで、何やらまたメディアが騒がしくなってきました。

冬なんだから風邪が増えるのは当たり前でしょう。

病気が増えれば比例して死者も増えるものですが、死者数はもう何ヶ月も横ばい。

もういい加減に「怖い怖い詐欺」やめなさいって感じですよね。まったく。

アメリカ大統領選挙のニュースもホント酷いです。

「バイデンが当選確実となったのにトランプは負けを認めず悪あがきしている。裁判をすると言っているが証拠は何も示していない。」

と「アメリカの主要メディアが伝えています」と日本メディアが伝えています。

いやいや!自分で取材しろよ!!

みたいな。

まだ全然決まってませんよ。

勝手にメディアが当選確実と言っているだけで本当に決まるのは1月20日です。

いつからアメリカの大統領はメディアが決めることになったんでしょうね?

そういった民主党に偏った報道をする主要メディアを他所に、ケーブルテレビやネットのチャンネルなどではまともな情報を流しているところもあります。

ニューヨークに拠点を置く「NTDテレビ」の日本語版です☟

こういう証言が全米の各地で山ほど出ています。

テレビでは「トランプは証拠を示してない」と散々言っていますが、実際は山のように提出しています。

しかし、演説で不正の証拠について話し出すと、メディアは途端に放送を中断し、不正の事実を流さないようにしているのです。

そして「証拠は何も示してない」と言う。

日本メディアも取材もせずに同じことを言う。

酷すぎますね。

証拠が何もないのに裁判になるわけないでしょうに。

こんなニュースもあります☟

ちょっと最後の方に「神」や「闇の勢力」とかの話が出てくるのでちょっと意味不明に感じるかもしれませんが、これは聖書が読めれば理解出来ます。

トランプが神に選ばれた人かはわかりませんが、闇の勢力が、不法の秘密が働いているのは明らかです。

このNTDテレビは中国共産党の真実を伝えることを目的としているネットテレビ局なのだそうです。

中国のことを伝える局で何故にアメリカ大統領選挙の不正をここまで伝えているの?と思うでしょうが、ようするにそういうことだということです。

トランプに大統領でいられると中国は困る。

民主党には中国系からの献金でジャブジャブ。

中国から拡散したコロナ騒動のせいで郵便投票などの不正の温床が作られた。

つまりこの選挙は、トランプと中国共産党、民主主義と社会主義、正義と悪の戦争なんです。

だからトランプはこのタイミングで国防総省の長官を解任し、自分の息のかかった人物を置いたわけですね。

戦う準備を着々と整えているということです。

相手は悪魔。人間ではありません。This is not human.

正義は必ず勝ちます。

私たちも祈りましょう…。