今年の正月は1月11日まで休めと政府が言っています。

いつからこの国は全体主義になったのでしょう?

混雑を分散させるためって、満員電車は良くて初詣はダメという理屈がわかりません。

ただ休みを増やして観光業にお金を回したいだけでしょう。

「コロナ対策」と言えば何でも指図でき、国民を思うがままに操れる。

最悪なことですが、日本はまだマシな方。

世界はもっと酷いことになっており、強力なロックダウンも続いています。

そんな科学的に何の根拠もないロックダウンを初めとするコロナ対策に異を唱える世界的な団体が設立されました。

それが World Doctors Alliance (世界医師同盟)です。

10月10日にドイツにて世界会議が開かれ、終結した各界の専門家たちが今後の方針を語っています☟

これだけのメンバーが一堂に会し、コロナの嘘を言及する。

頼もしいですね!!

敵はあまりにも強大です。

個々で戦うには限界があります。

この危機に気付いた者が団結し、正常な世界を取り戻す戦いをする。

集団訴訟の準備も進んでいるようです。

世界医師連盟のHPには詳しい活動内容も記されています。

https://worlddoctorsalliance.com/

実は私もこの世界医師連盟に登録しているメンバーの一人です。

私は医療従事者として登録していますが、一般の方も署名することが出来ます。

ぜひ世界医師連盟のHPをご覧頂き、一人でも多くの方に署名して頂けたら嬉しいです。

みんなで力を合わせて、正常な世界を取り戻しましょう!!