ネットで「テレビウイルス」という言葉を聞くようになり久しい今日この頃。

世の中の大半はテレビが垂れ流す偏った情報に洗脳され尽くしています。

そんなテレビに嫌気が差し、多くの有識者が出演を拒み始めた昨今、この日記で何度もご紹介している京都大学大学院特定教授の上久保先生は、果敢にもテレビ番組に出演し集団免疫について国民に知らせようとしてくれています。

しかし…

その上久保先生のテレビ出演について元衆議院議員の松田学氏が解説しているのでぜひご覧ください☟

ということで、結局大事なことはすべてカットされ視聴者には何も伝わらず。。。

これがテレビの限界というやつなんですね。

視聴者に本当の情報を伝えるのではなく、番組が伝えたいことを伝えたいように捻じ曲げて伝えるだけ。

何故そうなるかと言えば、答えは簡単。

お金です。

スポンサー、局の株主、その他諸々の利益のためにテレビ番組は存在します。

つまり広告です。

CMだけじゃなく、番組そのものすべてが広告です。

ではコロナ騒動を終息させずに恐怖を煽り続けることで何の宣伝になるのでしょう?

これも答えは簡単。

ワクチンです。

上久保先生はワクチンの危険性も訴えたかったようですが、それは絶対に不可能でしょう。

子宮頸がんワクチンの副反応で多くの被害者が出ていることもほとんど報道しませんからね。

あなおそろしや。

そんなテレビは相変わらずですが、政府は少しづつですけどコロナ対策を緩和してきているので、良い傾向かと思われます。

外国人の受け入れに、強制入院対象者の緩和。

各自治体の長がゴチャゴチャ言ってるみたいですけど、政府には頑張ってもらいたいところです。

政府は知っていますから。

コロナの真実を。

厚生労働大臣のこの姿がコロナは茶番だと物語ってますよね☟

フェイスガードの着け方がおかしいから口が完全に出ちゃってます(笑)

本当に恐ろしいウイルスが蔓延しているのであれば、こんな姿で人前に現れるはずがありません。

おそらくこれは国民へのメッセージなのだと思います。

マスクなんてしなくていいですよ!って。

厚労大臣を見習って、皆さんもマスク外して口丸出しでいきましょうね~♪