「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている国民の祝日。

お盆には帰省出来なかった人たちも、この4連休では結構動いているようです。

久しぶりに孫に会えたという方もいるかもしれません。

直に顔が見れる。

触れ合える。

それが1番の喜びですよね。

オンラインじゃダメなんですよ。

それが人間です。

しかし未だに高齢者施設などでは面会謝絶状態で、家族も会うことを許されないそうです。

これは、もし何かあったら施設が叩かれるので、施設を守るための措置です。

高齢者を守るためではありません。

それでいいのですか?

この国は?

言っておきますが、施設が悪いのではありませんよ。

感染者が出た!クラスターだ!!と騒ぎ立てるマスコミと、それを受けて誹謗中傷する輩が存在することが問題なのです。

「命を守る」という言葉が独り歩きし、国民の善意を暴走させている。

もっと冷静に、今を、現実を直視しましょう。

孫に会えて喜ぶ高齢者の笑顔こそが真実です。