感染症の流行は集団免疫を獲得する以外に終息させる方法はない。

それは医学の常識で、これまでの歴史がそれを証明しています。

そして日本はすでに新型コロナに対する集団免疫を獲得しているので、これ以上感染が拡大することはないという研究結果が出ています。

最新の研究では、その獲得免疫である抗体の定量検査が行われ、ほとんどの方に抗体が十分に備わっていることがわかりました。

その研究結果と、人間の免疫システムについて、集団免疫獲得論を提唱している京都大学の上久保先生が説明して下さっていますので、その動画をぜひご覧ください☟

少し難しい話ではありましたが、簡単に言うと、抗体検査の結果IgGとIgMという抗体が同時に上がっている。

なので、検査した全員がすでに1度新型コロナに感染済みという証拠である。

ということです。

集団免疫は、新型コロナ程度のウイルスであれば国民の40%が抗体を獲得していれば十分に感染拡大を防げるということですが、上久保先生によれば日本人はすでに90%が抗体を獲得しているのは間違いないそうです。

ですから第二波も来ません。

ですが、コロナ脳の方にそれを話すと、明らかに怪訝な表情になり強い口調で反論されます。

自分は感染していない!周りにもいない!今現在も多くの感染者が確認されている!重症者、死者も増えている!無症状感染者が感染を拡大させている!第二波は続いている!間もなく第三波が来る!!

みたいな。

自分も周りも感染してないけど、感染者は多いんだね(笑)

あなたは無症状感染者ではないの?マスクしてるのに?(笑)

そういう コロナ脳の方に 、PCR検査の嘘やコロナが死因でない人もコロナ死にされていることなどを教えてあげても、やはり納得することは出来ないようです。

洗脳は深い。

しかし、そうやって本当の情報に触れていくうちに自分が騙されていたことに気付くかもしれません。

これからもインチキなPCR検査によって「感染者」という濡れ衣を着せられてしまう方が増えていくと思われます。

寒くなってくれば他の原因で風邪を引いた人もインフルエンザの人もコロナ感染者に仕立て上げられ、メディアが「第三波だ!!」と騒ぎ出すかもしれません。

実際は何も起きていないのに。

少しでも多くの方が冷静に事実を判断できるよう、これからも情報を発信していきたいと思います。