今回のコロナ騒動の違和感に気づき、ネットで情報を集めていくと、おそらく多くの方が何等かの「陰謀論」にたどり着くのではないかと思います。

テレビだけ見ていたらそこにも気づかないと思われますが…。

正直、私は陰謀論にはある程度距離を取っていこうと思っているので、情報は情報として受け取り、鵜呑みにはしていません。

ただ、現状をありのままに捉えると、これが何者かによって画策された事態だとしても、さほど不思議ではない状況でもあると思っています。

下の動画は、6月17日に厚労省で行われた徳島大学名誉教授の大橋先生らによる記者会見の様子です☟

新型コロナというウイルス自体が存在しない可能性と、存在しないウイルスに感染していると見せかけるPCR検査の危険性について、大変詳しく、わかりやすく説明して下さっています。

これだけ世間の流れに一石と投じる会見にも関わらず、記者からは何一つ質問の出ない冷え切った会場の空気。

案の定、この記者会見はメディアで報じられることはなく、一部の人間にしか伝わっていません。

日本メディアの闇を感じますね。

この完全アウェーの中で堂々と最後まで会見をされたお二人の勇気に、心より敬意を表します。

会見の中で大橋先生は、このウイルスがもしデマであれば大変なことだとおっしゃっていました。

デマだとしたら、それを流した者がいる。

何等かの目的を持って。

そのデマを立証する装置としてPCR検査が使用されている。

PCR検査を強く勧め、日本にも名指しで増やせ増やせと催促し続けてきたのがWHO。

このウイルスを新型コロナとしたのもWHO。

無症状者が感染源になるという論文を認めたのもWHO。

PCR陽性者を感染者とし、陽性者が死亡したら死因に関わらずコロナ死亡者としろと世界に指示しているのもWHO。

最近は、コロナと疑わしい者は検査なしでも感染者としろと世界に指示を出しているのもWHO。

では、そのWHOに一番お金を出している人物はビル…。

先々月、ガーナの大統領が今回の騒動の計画書を入手し、それをすべて暴露したという情報が流れました。

以下サイトに詳しく書かれています。自己責任でご覧ください。

https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/d3fd749ded7047b5e0ddd1c0f3e91a29

もしも、その計画書が本物だったとしたら、現在までの状況はすべて計画通りに進行しているということになります。

そして来月には第2の波を起こすそうです。

世界は今まで以上の長期的なロックダウンを行い、経済は完全に破壊されます。

暴動が起こり血塗れになり、さらに行動が制限されます。

最終的にはワクチンが強制接種され、世界の人々は支配者たちの奴隷と化すようです。

私が以前書いたワクチンについての日記でも、ワクチンで人間は支配できることに触れました。

これは十分に実現可能な計画です。

むしろこの計画を知っていたとしても、止めるすべはもはやないかもしれません。

なにせ従わなければ致死率30%のウイルスをばら撒かれてしまうのですから。

「死」か「奴隷」か、その2択しかないということです。

困りましたね(^^;

そして日本国内の陰謀論だと、今回の騒動は政府のでっち上げで、新しい生活様式はスーパーシティ構想やムーンショット計画に繋げるための準備だとされています。

騒ぎに乗じてIT化を進め、人と人との距離を離しオンラインで繋がることに慣れさせる。

それにより何だかんだでAIよる管理・監視社会にするのが目的なんだとか。

さっきの世界的陰謀は本当でもおかしくないと思えるのですが、こちらの日本政府の陰謀に関しては、ちょっとリアリティーに欠ける感じがしています。

まず、世界同時に起こっている事態なので、日本政府がでっち上げているわけではないし、人との距離を取るよう言っているのもWHOです。

PCR検査を増やしているのもWHOの指示。

厚生省はWHOの意向のままに動いているだけで、特に主体性があるようには感じられません。

正直、日本の政治家や官僚が、そんな先のことまで見据えて仕事をしているとはとても思えません。

ここまで経済をぶち壊してまで日本を変えたいという気骨を持って動いてるのだとしたら、私はむしろ感心しますよ(笑)

たしかにスーパーシティ法案は、コロナ騒動のどさくさに紛れて成立させられましたが、それがなくてもいずれは通っていたと思います。

そして、スーパーシティもムーンショットも、多くの国民にとっては有益であろうと私は考えます。

少なくとも私は視覚障がい者ですので、今以上にネットで社会が繋がることは、社会生活がより便利になり、生活はしやすいだろうなと思います。

例えば自動運転の車でどこへでも行けるなら、運転の出来ない私でも移動手段に困らなくなります。

ムーンショット計画の人間の能力を拡張するというのはよくわかりませんが、もしそれがVR技術の向上によりネットの世界にダイブできるようなシステムだとしたら(アニメの見過ぎ?)、その世界では目が見えるようになる可能性だってあるかもしれません。

たしかにAIにより管理・監視される社会になるという懸念は理解出来ます。

自由が奪われるかもしれない不安も。

しかし、むしろ日本人は自由を好まない民族のようなので、そういう社会を好意的に受け入れるでしょうね。きっと。

私的にも政治家や官僚に管理されるより、私利私欲のないAIに管理してもらった方が安心です(笑)

まぁ、そもそもスーパーシティ構想もムーンショット計画も、政府が公式に打ち出している未来政策なので、公式に言ってることが陰謀か?って思ってしまうのですけど。私は。

そういった陰謀論が様々ありますが、事実としてWHOが新型コロナの感染を深刻に見せようとしているのは明らかで、その手段としてPCR検査とメディアの偏向報道が利用されています。

事実を事実として受け止めて、それがどういう意味なのかを考えるのは自分自身です。

思考を停止させず、考えて考えて、どう行動していくかを自分で決めていきましょうね。