熊本地震発生から一週間以上経過しましたが、未だに地震が群発して起きているようで、毎日眠れぬ夜をお過ごしなのかと思うと、本当に心が痛みます。

あの東日本大震災で私が経験した震度より大きい地震に毎晩襲われるなんて、想像しただけで恐ろしくなります。

屋根のあるところで寝るのは怖いということで車中泊をされている方も大勢いらっしゃるそうで、お気持ちお察しいたします。

そんな中、エコノミークラス症候群でお亡くなりになる方も出てしまっていて、本当に胸が痛いです。

せっかく地震から生き延びたのに・・・。

東日本大震災でも多くの避難者がエコノミークラス症候群になり問題視されました。

私が所属する福島県鍼灸師会では当時ボランティアで治療活動にあたっていましたが、エコノミークラス症候群の予防にも一役買っていました。

現在、熊本にも近県から多くの鍼灸師がボランティアで入っていると聞いています。

私は残念ながら行けませんが、震災時の経験は全国に伝わっていると思うので、そういった経験が今回活かされてくれることを願います。

避難生活が長期化すればするほど、我々のような職業の者が必要とされるはずです。

力の見せ所だと思います。

現地の鍼灸師の皆さんには、本当に頑張って頂きたいと思います。

心から応援しています。