東京で4度目となる緊急事態宣言。

さすがにこの状況はおかしいと気付く人も増えているようです。

西村の飲食店に対する異常な圧力発言も、国民の批判に晒されて全面的に撤回されました。

国民の声で政治が正される。

まだこの国には民主主義が残っていたようです。

徐々に、というか、ほんの少しだけ、芸能界からも声が挙がり始めました。

緊急事態宣言が夏休み期間中に出されているため、今年も夏のイベント等が開催出来なくなってしまったのは芸能界にとっても大きな痛手です。

さすがに文句も出ますよね。

ずっとだんまりを決め込んでいたくせに今更何を…って感じもありますが、有名人が語る言葉は一般人に対する影響力が強いので、テレビで報じられなくても多くの人に伝わります。

なのでどんどん出てきてほしい。

そんな芸能人の中でも、比較的早く武漢風邪対策に批判的なコメントは発していたGACKT氏

今度は遺伝子注射に対して物申してくれました☟

「同調圧力クソ喰らえです」

いいこと言いますね~。

前回の「コロナもうよくないすか?」も良かったけど(笑)

また炎上するのかな?

打ちたい人は打てはいい。

私もそう思います。

しかし他人に強要するのは間違っています。

遺伝子注射に感染予防効果はありません。

世界の状況を見ればわかるでしょ。

接種が進んだところで陽性者数は減らない。

遺伝子注射で集団免疫は獲得出来ません。

しかし重症者は減っていると言っています。

イギリスとかが。

それも事実かどうかはわかりませんが、まぁ、事実だったとして、感染予防は出来ないけど重症化予防が出来るのならば、重症化リスクのある人が打てばいい。

重症化リスクがほとんどない若者が打つ必要は一切ありません。

感染予防は出来ないのだから「他人に移さないため」などという理由は成立しません。

注射を打っても感染するし、感染させる。

打っても打たなくても同じ。

違いは重症化するかしないかだけ。

でも60代以下はほとんど重症化していない。

特に10代は死者ゼロ。

副作用リスクの方がよっぽど高い。

それでも、自分で打ちたいと思うなら自分の意思で受けれはいい。

他人は関係ありません。

同調圧力かっこ悪い。超ダサイ。

和を以て貴しとなす。

日本人の誇りを取り戻しましょう!