アクセスカウンター

コンセプト

心身に優しいマッサージ

皆さんはマッサージ師に免許があることをご存知ですか?

正式には「あん摩マッサージ指圧師」という厚生労働大臣認可の国家資格です。

国から指定された養成機関で3年以上医療の勉強をし、年に一度の国家試験に合格してはじめてマッサージ師の免許を取得することが出来ます。(ちなみに整体やカイロには国家資格はありません。)

マッサージをしている写真当鍼灸(はり・きゅう)院の施術者は全員免許を取得しております。

よって、正しい医療知識の基に患者様の症状に合った施術を行いますので、安心してマッサージを受けられます。

よく「痛みを我慢して揉んだ方が良くなる」などと言う方もいらっしゃいますが、必ずしもそうとは言えません。

力まかせに揉むことで、筋肉や靭帯に傷をつけてしまい、翌日余計に痛みが強くなる「揉み返し」という状態になることが多く見られます。

本来マッサージは、硬くなっている筋肉を動かしてあげて血液の流れを改善し、それによって自然治癒力が高まることで、施術効果が増すというものですから、強い痛みを感じるほど揉む必要はなく、「痛気持ちいい」くらいが丁度良いわけです。

強い痛みを伴う施術では、自律神経の交感神経が優位になってしまうため、自然治癒力は逆に低下してしまいます。

マッサージは心から気持ちいいと感じることが重要ということですね。

解剖学、生理学、病理学などの基礎医学を修めているからこそ、心身に優しいマッサージを施せます。

ぜひとも当鍼灸(はり・きゅう)院で、本物のマッサージを体感して下さい。

皆様のご来院、お待ちしております。