日常

事実を受け止めて

ついに承認されてしまいました☟

5歳~11歳の子ども対象 ワクチン接種 厚労省が正式承認 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

我が国が米国の属国である以上、避けられないことだとは承知していましたが、やはり、、、やるせない気持ちでいっぱいです。。。

こうなった以上、一人でも接種する子供を減らすために、親御さんたちへ事実を伝えていくしか手段はないかと思います。

例えば、こういった事実をね☟

米国CDCが、コロナ死とされている人の75%が4つ以上の合併症を抱えており、コロナが死因ではない可能性があると公式に認めました。

頑なに否定してきたのに。

これは日本も同じことで、PCRで陽性なら厳密な死因を問わずコロナ死として公表されています。

日本の厚労省に関しては、その事実を特に否定しておらず、それが正しいカウントの仕方だと公言していますので質が悪すぎます。

ただ、政府が認めているのに国民の殆どがその事実を知らない。

何故ならメディアで報道されないから。

私が伝えても信用されない。

テレビで言わないから。

遺伝子注射に関しても、ファイザーのCEOは感染予防効果はないとついに認めました。

今の状況見れば、言われなくてもわかりますよね。

陽性者の殆どが2回接種済み。

3回接種した人も陽性になっています☟

埼玉県で3回目接種後にコロナ感染 初確認(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

打っても感染するし、感染すれば他人にも移す。

ワクチンパスポートに意味がないという証明です。

「他人のために」などという言葉で接種を強要することは、科学を無視した犯罪行為と言っても過言ではありませんよね。

打ちたい人は自分の判断で、自分のために打てばいい。

重症化予防は出来ると言ってますから、それを信じるなら、重症化リスクのある人が自分の意思で打てはいいだけのことです。

そういう意味で、10歳以下の子供は、これまで1人も死亡していないのだから、打つ意味がまったくないと言い切れます。

5歳~11歳の子でも、基礎疾患のある子は打つメリットがあるようなことを政府は言っていますが、この2年間で重症死亡率0%なんです。

当然、これまでも慢性呼吸器症候群の子はいましたよね?

脳性麻痺の子も、自閉症の子もいました。

でも、重症死亡率は0%なんです。

リスクを下げる?

0%は、いくら下げたって0%です。

ベネフィットなど欠片も無いということ。

この事実をちゃんと受け止めて頂きたいと思います。

テレビで言わないことはすべてデマだと決めつけず、自分でしっかり調べて、自分の頭で考えて、お子さんのために最善を尽くしてほしい。

それだけを願っております。

————————————————————————————————————————

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が中心になって立ち上げました☟

《オープンチャット「【福島県】反ワク☆反マスク同盟」》☟
https://line.me/ti/g2/fa-_4Mp2H3Sf3tzyZ5mY16RSQqyESd8_QnrWmg?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

ついにメンバー100人超え☆彡

想いを同じくする仲間たちとチャットで語らいましょう!

各地で頻繁に交流会も開催していますよ(^^)/

詳しくは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


月別日記

日記カテゴリー