明日は郡山市で所属する福島県鍼灸師会の総会と春季学術講習会が開催されます。

緊急事態宣言が出される日に総会を行うというのがなかなかに剛毅で良いですよね。

たまたまそういうタイミングになっちゃっただけですけど(笑)

でも、前回の冬季学術講習会の時は案内状には「マスク着用」と赤太文字で書かれていたのですが、今回の案内状にはその文言がなくなっていました☆

もはや常識だから書くまでもないってことかもしれませんが。

マスクに感染予防効果など欠片もないことくらい鍼灸師なら普通知っていると思います☟

これ見たら小学生でも理解できますよね☝

マスクを信仰している大人って一体…。

最近はこんな奴もいるみたいですし☟

冗談じゃなく真面目にやっているんですよね…☝

バカすぎる。。。

まぁ、バカは置いておいて、明日の総会・講習会ではZoomを使用してリモート配信もするそうです。

こういうデジタルの進化は、この騒動で唯一の利点ですよね。

デジタル化が中国のような全体管理監視社会に繋がらないよう気を付ける必要はありますが、生活が便利になること自体は歓迎できます。

現場に行かなくても講演が聴けるというのは大変なメリットです。

ただ、当日のライブ映像配信だけのようなので、その時間じゃないと見れません。

明日は用事があってライブでは見ることが出来ないので、出来れば録画をアーカイブで視聴できるようにしてくれたらもっといいのにな~、なんて贅沢を言ってみたり。

とにかく、例年通りに総会が開催されることを喜ばしく思います。

我が鍼灸師会は、医師会のような保身と利権に固執した腐った集団になることなく、県民の健康のために働く医療従事者の集まりであり続けてほしいと願っています。