福島県は昨日、今日と二日連続で新規PCR陽性者が30人を超えたと発表しました。

毎回書いてますが、下のグラフを見ればわかります☟

PCRの実施数が増えているんですよ☝

病院と高齢者施設で複数のクラスターが発生していると言ってますので、また全員PCRの餌食になり、そこから芋づる式に陽性者が炙り出されてしまいます。

すでに病床の逼迫具合がステージ3を大幅に超えたとか言ってますが、福島県の病床数はたったの469床ですので、25%の117床を超えたらもうステージ3です。

県民80万人のうち117人が風邪引いたら病床が逼迫する。

バカなの?

まぁ、でも、そういった実情を知らない人たちからすれば、PCR陽性者が増加傾向になったというだけで不安を感じてしまうのでしょうね。

可哀そうに。

しかし、もっと可哀そうなのは、増加傾向でもないのに、いつまでも緊急事態だと言われている首都圏の皆さんです。

一昨日の日記で、よほどのことがない限り7日で解除されるでしょうと書いたのですが、よほどのことがなかったのに2週間延長となってしまいました。

すみません、読みが浅かったです。。。

まさか菅総理があそこまでヘタレてしまっているとは…。

もう、腐った野党や狂った都知事などの売国奴に、断固とした意思で対応する精神力はないようです。

やはり総理の器ではなかったか。

情けないですね。。。

正直、この延長は首都圏だけの問題ではありません。

首都圏の経済が止まることは、日本全体の経済に大きな影響が出ます。

全国ネットのテレビ放送は主に首都圏のニュースを取り上げるので、緊急事態宣言が出ていない地方でも、いつまでも自粛ムードが漂い続けています。

最低ですね。

政治の間違いは主権者である私たちが声を挙げて正していくしかありません。

まずはPCRを何とかしないと☟

キャンペーン · PCR正常化プロジェクト事務局: 私たちは日本政府に強く要望いたします。科学的に不適切なPCR検査基準を見直し、科学的に正しい基準に改めるよう関係機関に指導下さい。 · Change.org

これが正されないと、いつまでも病気でもない人が病人扱いされて、監禁され、医療崩壊が起こり続けます。

頑張って立ち向かっていきましょう!!