昨日、このようなニュースが報じられました☟

マスクは予防に効果があるそうです。

マスク信奉者には素晴らしい朗報ですよね。

私も効果あると思ってましたよ。

この日記で何度も書いてきました。

「症状のある方」はマスクを着けるべきだと。

それがこの実験で実証されたようです。

しかし「無症状の方」がマスクを着ける必要性が実証されたわけではありません。

朝日新聞の記事によると、布マスクを着けた状態だと吸い込んだ飛沫の量が80%もあったそうです。

ほぼ筒抜け。

N95マスクでも、完全に密着させなければサージカルマスクと同程度とのこと。

N95を完全に密着装備したら、数時間で呼吸困難になりますよ。

医者も長時間は着けていられないと言っています。

中国では死者も出ています。危険です。

まぁ、ようするに、「症状のある感染者」はマスクを着けると効果的であることと、布マスクは感染予防の効果はほぼ無いこと、サージカルマスクとN95は普通に使えば同じ程度の予防効果があるかもしれないということが分かったという実験だったといことですね。

それって、何か新しい話あります?笑

世界初とか言ってますけど。

そもそも「ウイルス実物」を使って実験したと言ってますけど、新型コロナウイルスを病巣から分離しウイルス単体に単離することに成功した事例は未だに報告されていないはずです。

もし東大が新型コロナを単離して培養できたのであれば、そちらの方が世界初の快挙でしょう。

むしろそれが出来たのであれば、こんなしょーもない実験ではなく、感染実験をしてほしいものです。

相手側に感染が確認され同じ症状を呈し、その病巣からまったく同じウイルスが単離出来れば、コッホの4原則が成立し、新型コロナウイルスが感染症を引き起こす病原体であることが証明されます。

その実験が成されていない現状では、新型コロナが感染症を引き起こす病原体であるという証明もされていませんし、ウイルスの存在自体が確認されていないということです。

「COVID-19など存在しない!」と言われても否定できないわけです。

まぁ、それは置いておいて、

ここからは私見ですが、京都大学にはわりと「マスクなんていらんのちゃう?」みたいな感じの教授が多いように感じています。

なので東大はそれに対抗意識を燃やしているのかな?なんて。

私は忘れていませんよ。

東大の名誉教授が「新宿がエピセンターになる!」なんて大ウソこいてたのを。

興奮してマスクずり下がって鼻口丸出しで。

そんな名誉教授がいる左翼大学の言うことを真に受けていたら日本は中国に乗っ取られます。

いつものことですが、テレビや新聞の情報を鵜呑みにせず、自分でよく調べて、考えて、行動するようにしましょうね~。