先日、学童クラブで働く患者さんから聞いた話です。

子供たちがみんなで楽しく遊んでいる時、一人の男の子がはしゃぎすぎたせいかマスクがずり落ちで口が丸出しになってしまいました。

それを見た一人の子が「あ!非国民だ!!」と叫び、それに呼応するように周りの子も「非国民!非国民!」と騒ぎ出したそうです。

学童の職員は子供たちを止めて「非国民」という言葉についてしっかり説明し、二度と言わないよう注意したそうです。

おそらく子供たちは意味もわからず「非国民」という言葉を使ったのだろうと思われます。

家で親などが「マスクしない奴は非国民だ!」などと言っているのを聞いて覚えたんでしょう。

まさかこの時代に子供の口から「非国民」という言葉が出るようになってしまうなんて…。

最低ですね。。。

以前ワイドショーで迷惑行為を繰り返す男が逮捕されたという事件を報じているのを見ました。

逮捕前、男に直撃したインタビューがあり、マスクを着けた男が悪態をついていました。

それを見たコメンテーターが「うーん。でもこの人マスク着けてますよね?実はそんなに悪い人じゃないんじゃないですか?」と言っていました。

迷惑行為の現行犯で逮捕された男が、マスクを着けているから「善人」だと言うのです。

逆に言えば「マスク着けない人=悪人=非国民」と、そう言いたいわけですね。

それがテレビです。

そんなテレビに洗脳された無知な大人のせいで、子供たちも間違った知識を身に着けてしまう。

ホント最低です。。。

これは厚労省が公式に出しているコメントです☝

この中で一番重要なのは「マスクは、症状等ある方が飛沫によって他人に感染させないために有効です」という一文。

「症状等ある方」がマスクを着用すべきだと厚労省も言っているとうことです。

無症状の方がマスクをする必要はない。

いい加減気が付きましょう。

症状の無い方がマスクをすることに何のい意味もないことを。

むしろ身体に有害であることを。

マスクを外したからって「非国民」になるわけがありません。

それはただの同調圧力。

戦時中と同じです。

国民が国民を監視する。

偽りの情報に洗脳された結果です。

ヒトラーは言いました。

「大衆の多くは無知で愚かである」と。

簡単に扇動される「愚かな大衆」になってはいけません。

マスクを外しましょう。

そこからがスタートです。

頑張りましょう!!