福島市では4月30日以降、約3週間ほど新型コロナの新たな感染者が確認されておりません。

市内には2ヶ所のPCR検査外来が設置され、検査体制も拡充されてきています。

あのドライブスルー検査も行われているようです。

いい感じです。

相変わらず検査が少ないから感染者も見つからないということではなく、検査数が増えている上で感染確認ゼロということに意義がありますよね。

ただ、この状態でもしまた1人でも陽性が出てしまったら大変な騒ぎになっちゃうかもしれません…。

基本的には普通の風邪と同じようなウイルスですから、そりゃ1人くらい出ますよ。

首都圏はまだ緊急事態なわけですし。

もし感染者がまた出てもビックリしないで下さいね(^^;

基本的に、福島市内はもう感染の流行地ではないと考えて差し支えない状態なのですから。

まぁ、それは別にしても、このままさらに検査体制を拡充していって頂きたいですよね。

現状、検査の精度に若干問題はありますけど、普通の風邪などとの鑑別が出来ないと、一般のクリニックなどに受診を拒否されてしまいますから。

薬がないのに検査しても仕方がないなんて言う人もおりますが、他の疾患と鑑別するという意味でも検査は重要なんです。

これからは、PCRより簡易な抗原検査も早く導入して頂けると、より良い方向に進むかと思います。

いつかは、一般のクリニックでもインフルエンザのように普通に検査してもらえるようになってくれたらいいのにって個人的には思っています。

どうなることやら。

先行きを注視していきたいです。