衆議院選挙の投票日まであと2日。

報道を聞いていると強行に解散した総理の思惑通りに事が進んでいて、非常に腹立たしく感じています。

一時、希望の党なる政党が現れたことで反与党の受け皿が出来たと思ったのですが、自分に風が吹いていると思いあがり勘違いしたのか、リベラル排除を掲げたせいで批判を買い、今や自民党の補完勢力と化してしまいました。

とりあえず与党を倒すために野党をまとめていれば、もしかすると政権交代もあり得るのでは?と思ったのですが。

結局自民党を利する形になっているのが、本当に口惜しいです。

ただ、そのゴタゴタで民進党が分裂し、純粋なリベラル派の集まりである立憲民主党が生まれたことは、私としてはわかりやすくなって良かったと思っています。

やっぱり私はどちらかというとリベラル的思想を持っているのだと自分で感じました。

勿論、伝統や文化を大切にする、温故知新の気持ちも当然持っています。

一応、日本の伝統医療の担い手ですから。

ただ、古いものがすべて正しいわけではないし、間違っているものは新しく変えていかなければならない。

むしろ変革を恐れて現状に留まっていては、それこそ旧態依然、何も前へは進みません。

ある程度の保守は必要でしょうけど、せっかくの平和憲法を昔の大日本帝国憲法に近づけようとしてみたり、あれだけの大事故を起こしながら未だに原発を推進したり、官僚中心の政治を続けたり、身を切る改革もせず国民に増税を課したり、そんな保守政権には正直もううんざりです。

どうにか変わってほしい。

そういう選挙になってほしい。

けど、どうやら厳しいみたいです。。。

ここ福島1区は金子さんが改憲思想の小池を蹴って無所属で出馬してくれたことで、共産党が降り、自民党との一騎打ちの構図が出来上がりました。

おかげで情勢はかなり拮抗しているか、むしろ金子さん優勢な感じです。

すべての選挙区でこうなれば、もっと与党を苦しめることが出来たのに。

とにかく、この一騎打ちに持ち込めた選挙区では何としても自民党を叩く!

その気持ちで金子さんには最後まで頑張って頂き、驕り高ぶる自民党に一矢報いてもらいたいです。

そんなこんなで、文字通り嵐の投開票日まであと2日。

この国の未来を賭けて、みんなで選挙に行きましょう!!