8月21日に開催された参政党の政治資金パーティー「予祝」。

オープニング

歴史の予祝 林千勝

林先生の次に登場したのが、7月に参政党の代表に就任した松田学氏と、先日福島のタウンミーティングにも来て下さったボードメンバーの赤尾由美氏☟

テーマは「日本経済の予祝」ということで、赤尾さんが司会進行をし松田代表が講義をする「松田政策研究所ニコニコ生放送スタイル」で講演が行われました。

まず、赤尾さんから「資本主義と民主主義の危険性」についての質問があり松田代表の講義がスタート。

林先生の講演でもあった通り、共産主義と資本主義を作ったのは同じ「グローバル勢力」。

彼らが作り上げた、彼らが金儲けをするためのシステムです。

そして、その作り上げたシステムを今度はすべてリセットし、新たな世界秩序という名のグローバル全体主義に変換しようとしているのがグレートリセットです。

茶番デミック、ウクライナ戦争、気候変動、etc…

すべてはグレートリセットを実行しグローバル全体主義の体制を築くための彼らの計画。

これは陰謀論でも何でもなく、世界中の人々が直面している現実的脅威です。

この脅威に対抗すべく世界中の「健全なナショナリズム」を持つ者たちが立ち上がっています☟

日本では我ら参政党が立ち上がり、世界の「健全なナショナリスト」たちと連携を取り動き出しています。

日本経済は戦後2度に渡る占領政策により外資に食い物とされてきました。

最初はGHQにより行われた財閥解体、農地解放、内務省解体。

そして90年代になり行われた株主持合い解消、市場解放、大蔵省解体です☟

これにより日本人は働けど働けど豊かになることは無く、ここ20年まったく経済成長しない国になってしまいました。

このグラフを見れは一目瞭然ですよね☝

日本人が働いて企業が利益を上げても国民の所得はまったく上がらず、代わりに株主の配当だけが右肩上がりに増えていく。

その株は海外の大金持ちたちに買われまくっているわけです。

おかげで日本はずーっとデフレのまま。

現在は円安で物価が上がり見た目インフレのように見えますが、国民の所得は一切上がってない状態での物価上昇。

これはスタグフレーションと言って、社会経済としては最悪な状態と言えます。

これを打破するためにも政府は積極財政に舵を取るべきなのですが、それは財務省が許さない。

赤尾さんは積極財政のためには松田プランの実行しかないと言い、松田代表のその松田プランについての解説を求めました。

松田代表は大蔵官僚・財務官僚、衆議院議員を歴任した経験から「出口なくして実現可能な政策なし」と仰り、財務省が納得して積極財政を行えるのは松田プランしかないと断言されました。

そもそも日本は対外純資産が世界一であり、決して貧乏な国ではありません☟

しかも日本は自国の通貨発行権を持っていますので、積極財政を行っても実質問題はないと言われています。

通貨を発行しまくり国債で市場にお金をジャブジャブ供給して2%物価が上昇するまで続ければ良いとするMMT。

しかしそれだと赤字国債が増え続けるだけ。

国の借金は国民の財産だから問題ないという理屈もわかりますが、それでは財務省が納得しません。

そこで松田プランです☟

この図はちょっと難しいかもですが…☝

ようするに、政府が国民にデジタル円を発行し、国民が現金と両替してデジタル円を使い、日銀はそのデジタル円で国債を返す。

これでデジタル円を発行すればするほど、国民がお金を使えば使うほど、国債が減るということのようです(違う?)

故安倍元首相も、この松田プランならば飲めると仰ったそうで、実現可能な政策だと思われます。

そして、このプランを運用する国内プラットホームも既に実用化されつつあるとのこと。

日本版のメタバースが出来るとか。

赤尾さんも仰っていましたが、これまでGAFAに牛耳られてきたプラットホームから脱却し国産のプラットホームを作らないと、いつまでも日本の経済は貪られ、個人情報も取られ、今や言論まで統制され、国家を超えた権力で支配され続けてしまいます。

そういう意味で国産のプラットホーム作りは急務です。

そして、そのプラットホーム運用のために最も重要なのが個人情報のデジタル化であるマイナンバーです☟

これを言うとだいたいの日本人は拒否反応を示すんですよね(笑)

マイナンバーで監視・管理されるというのは、日本の発展を妨げようとする反日勢力のプロパガンダ。

無能な政府に国民を監視する能力などないと、マイナンバー法案にも携わった松田代表は仰っていますので、安心して利用しても良いかと思います。

来年からスマホにマイナンバーアプリが搭載されるそうですが、それも世界最高峰のセキュリティシステムを採用しており、心配する必要はないとのことです。

で、デジタル円や国産プラットホーム、マイナンバーなどのデジタル化の先に待っているだろう未来の形として、松田代表は「協働型コモンズ」を提唱しています☟

これ、すごく良いと思うんですよね~☝

国民一人一人が通貨発行権を持っているようなものですからね。

これはブロックチェーン技術によって可能となるそうで、すでに日本には国産のブロックチェーン基盤が実用可能な状態なんだとか。

独自のコミニティを形成できれば、グレートリセット後に奴らのシステムから弾き出されても、自分たちの経済圏で生きていけそうな気がします。

自立・分散型の社会って、全体主義の一元管理とは真逆ですからね。

競争から協働へ。

日本人の気質に合っているという赤尾さんの意見に同意です♪

反グローバリズムを掲げた唯一の国政政党である参政党が、健全なナショナリズムの元に提案する新しい国民国家。

夢物語ではなく、実現可能な経済政策。

明るい未来を参政党と作っていけるように、私もより一層勉強していきたいと思います。

松田代表!赤尾さん!ありがとうございました!!

お勧めコンテンツ

茶番に気付いた福島県民が集える場所、LINEオープンチャットを私が立ち上げました☟

オープンチャット「井上正康先生を慕う福島県民の会」
https://line.me/ti/g2/B4dZrK7y0vKMl9zMPiy7FOmlyEWH5zy0WCZ7HQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

大阪市立大学名誉教授の井上正康先生の見解を基準とし、想いを同じくする仲間たちとチャットで語らう場所です♪

井上先生の見解については以下の動画をご覧下さい。

福島市で開催された井上先生の講演会(前編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(後編)☟

福島市で開催された井上先生の講演会(質疑応答)☟

勿論、完璧に理解できなくても全然OKです!!

大きく逸脱する主張(ウイルスは存在しない、コロナは5G、ワクチンに酸化グラフェンが入っているなど)を控えて頂ければ何の問題もありません♪

※あくまで「コロナ騒動全般について語らうチャット」であって、井上先生についてだ話すチャットではございません!

頻繁に交流会も開催していきますよ(^^)/

QRコードは…☟

ぜひ、一緒に活動しましょう