オリンピックで盛り上がる最中、東京では過去最多の陽性者が確認されたとニュースで見ました。

勿論、ニュースでは「感染者」と呼んでいましたが。

夏休みに入り、出かけるために陰性証明をもらおうとPCRを受ける人が増えているのは間違いないと思います。

それも増加の原因だとは思うのですが、どうも件数が年末ほど多くはないのでそれだけとも言い切れない状況です。

これは諸外国で起こっているワクチン接種が進むと陽性者が爆発的に増加するあの現象が起きてきているのでしょうか?

接種すればするほど陽性者が増える。

皮肉な話です。

東京でやたらと増えている陽性者の何%がワクチン接種済み者か教えてほしいですよね。

感染予防効果がないとわかれば打つ人も減るでしょうから。

特に若い世代はもうホントにやめましょう。

泉大津市の南出市長もこのように仰っていますよ☟

続き☟

ホントに正しい知識を持つことが大切ですよね。

そのためにも、我々医療従事者が正しい情報を発信しなければならないのです。

それなのにテレビに出てくる自称専門家連中は、とんでもないデマを垂れ流しています。

ワクチンで感染予防が出来るとか、他人に感染させないために有効とか、集団免疫を獲得できるとか、まったくのデタラメ。

長期的な身体への影響も何もわかっていない。

そんなものを子供の身体に注射するなんて…

この国を滅ぼすつもりなのか?

正気の沙汰とは思えません。

とにかく、私に出来ることはこういう発信を続けることだけです。

これからも有益な情報を伝えていきたいと思います。