当院は今日も満員御礼。

忙しく仕事をさせて頂き、本当に感謝感激です。

ありがとうございます。

先週も同じこと書きましたが、ホントにこれで緊急事態なの?と、テレビの中の状況と現実とのギャップに驚きを隠せません。

福島県は現在緊急事態宣言もマンボウも出されていませんが、医療提供状態は最も深刻な状態の次に深刻なステージ3であると、テレビでは報じています。

でも皆さん、ステージ3ってどういう意味かご存じですか?

PCR陽性者のために確保されている病床数の20%以上が使用されるとステージ3となります。

福島県の確保病床は497なので20%だと99になります。

つまり、福島県民80万人のうち、たったの100人がPCR陽性になっただけで、上から2番目に深刻なステージ3になってしまうということです。

では、現在の新規陽性者数の推移を見てみましょう☟

超少ない☝

でも、陽性になったら無症状でも全員原則入院となり、少なくとも10日は監禁されますので、数人増えただけでベッドは埋まってしまいます。

では重症者は?☟

7人☝。

福島県民80万人中7人。

つまり100人以上が無症状で病院に閉じ込められていて、医療が逼迫しているステージ3になっていると。

おかしいですよね?

この具体的な数字を示されても「おかしい」と思えない人っているのでしょうか?

テレビではこういう具体的な数字は一切言わず、とにかく「ステージ3という危険な状態なんだ!」ということだけ伝えて危機を煽っています。

そして最後には「ワクチン」以外に解決策はないと帰結するわけです。

目的が見え見えすぎるでしょう。

そういった当たり前に「おかしい」ことを「おかしい」と、つばさの党の黒川氏も言ってますよ☟

なかなか適格に現状を指摘した内容だと思います☝

黒川氏の言うように、武漢風邪の分類を5類にすれば、すべて解決します。

終息です。

医療崩壊など絶対に起こらない。

経済活動も自由。

無駄な死者も出ない。

すべて元通りです。

こんな簡単なことなのに、政府は世論の反発を恐れて動けない。

テレビに洗脳され武漢風邪を恐れている国民は、感染症の脅威度を引き下げる対策をすると「コロナ軽視だ!」と騒ぐでしょう。

選挙を控えた今、それは得策ではないという判断です。

むしろワクチンを配りまくった方が支持率が上がる。

オリンピックも開催出来れば更に支持率が上がる。

その状態で解散総選挙に持ち込む。

これが自民党のシナリオ。

国民の命より自分の当選、政権の維持が大事。

この武漢風邪騒動は、そんな政治家らによって引き起こされている人災だということです。

もう一度書きますが、武漢風邪を5類にすればすべて終わります。

でもそれは、武漢風邪を軽視しているわけではありません。

武漢風邪は季節性の風邪の一種ですが、風邪は万病の長であり、様々な病を悪化させる原因にもなります。

こじらせれば肺炎を起こし、重症化することもある。

それは従来の風邪も同様です。

病気を正しく評価して、正しく対処することが大事。

今まで私たちは普通にそれが出来ていました。

風邪と共に、普通に生きてきました。

風邪に特効薬はありません。

ワクチンもありません。

でも、人間は風邪で絶滅しません。

私は、日本人がバカではないことを知っています。

ただ人が好過ぎて「他人のために」とか言われるとコロッと騙されてしまう。

でも、そろそろ気付けるはず。

気付いて立ち上がる!

そう、私は信じています。