今日は多くの患者さんから「福島県の感染者が90人超えた!」という話をされました。

そしてその全員が私から「そうですね(微笑)」と微笑まれてしまいました(笑)

福島県では最近、1日に2000件以上PCRが行われています。

昨日はおそらくそれ以上だとは思いますが、まだデータが出ていないのでわかりません。

仮に2000件だったとして陽性が90人だと陽性率は4.5ですので、全国平均と変わりません。

つまり陽性者が増えたのはPCRが増えたから。

それだけです。

しかし、テレビではPCRの件数など報じませんし、PCR陽性=感染ではないことも当然報じません。

何も知らず何も考えずテレビの垂れ流す情報を鵜呑みにしている人々は、ただただその数字に恐れおののくだけ。

そして口に出す言葉は「早くワクチンを…」。

福島市では10日から予約受付が開始となりましたが、どうやら電話が全然繋がらず予約がなかなか取れないそうです。

そう嘆く患者さんたちに対し私は「そのまま諦めてしまいましょう(微笑)」と微笑みかけるのでした(笑)

まぁ、それだけだと説明不足なので、今の状態でワクチンなど必要ないということを以下の数字を示して話して聞かせますけどね☟

さらに、テレビではまったく報じられませんが、すでに接種後の死亡者が19人もいることを教えて差し上げました☟

このように根拠となるデータを示して今の状況を解説してあげると、だいたいの方は理解して下さいます。

が、正直、1週間も経てばまたテレビに洗脳されて帰ってきます。

『この前説明したよね!?』と思いながらも、何度も同じことを説明する。

その繰り返し。

心が疲弊することもありますが、医療の嘘により健康を害することを自ら行おうとしている人に正しい情報を提供することは、医療に携わる者の責務であると考えています。

一人でも多くの命を救っていけるよう、これからも伝える努力を続けたいと思います。