思い返せばちょうど1年前の11月頃ですよね。

武漢で変な肺炎が流行しているとかニュースで流れ始めたのは。

その原因が新型のコロナウイルスだったとか言われて、あれよあれよと今のようなおかしな状態となってしまいました。

まんまとしてやられたなという感じです。

まぁ、それはいいとして、もう1年も経つのに未だに「新型」って変ぢゃね?と最近思い始めました。

なので、この日記ではこの病をスペイン風邪にならって「武漢風邪」と呼称しようかと思います。

怒られる?笑

そんな武漢風邪のワクチンを努力義務にすることを盛り込んだ法案が、昨日衆議院を通過し参議院に送られたそうです。

それについて加藤官房長官が記者から質問を受けた際「最終的に接種するかは個人で決めてもらうことになると思う」と回答していました。

法案には努力義務にすることも出来るし、努力義務にしないことも出来るような条文になっているようです。

つまり努力義務という文言はあるけれど実質「任意」ということになりそうですね。

ちょっとホッとしました。

当然と言えば当然の話で、武漢風邪のワクチンを打つことで日本政府が利益を得ることは何もない訳ですからね。

日本の企業が作っているものではないのですから、企業が儲けて税収が上がるわけでもないし、むしろ多くの副反応が出たら補償・賠償で面倒なことになりますから。

ようするに精神安定剤みたいなもんなんでしょう。

武漢風邪を怖がっている人たちに「全国民のワクチンを用意したから安心してね☆」というメッセージを出すためだけのパフォーマンス。

義務でないならワクチンパスポートも一部に留まるでしょうし。

あとはPCR検査がどうなるかだよな~。

そういったことについて京都大学の宮沢教授と参議院議員の柳ケ瀬氏が話しているので、どうぞご覧ください☟

この話は、あくまでも武漢ウイルスというものが実在することを前提にしていますので、私もそのつもりで書きます。

ようするに宮沢先生は「騒ぎすぎだ」と言っています(笑)

あの苦々しい顔見ましたか?

体操の内村選手の話もしてましたけど、相当数の偽陽性が出ているのは間違いないことで、そんな検査の「間違い」で、酷い目に遭っている人が大勢いるんですよ。

もっと慎重に調べろと。

そして普通に会話してる程度では感染は成立しません。

宮沢先生が何度も言っていましたが、ハメを外しすぎるのは良くないけど、普通に飲み会する分には問題ないんです。

最近は「食事中もマスクしろ」とか訳の分からないこと言い出してますよね。

それを言い出す自称専門家もバカですが、それを鵜呑みにする人もバカです。

ワクチンも宮沢先生は絶対に打ちたくないって感じでしたよね。

専門家のあの様子を見ても「ワクチン打ちたい」って思う人いるのかな?

まぁ、柳ケ瀬議員はわりとまともな人っぽいので、しっかり働いて頂きたいと思います。

ワクチンのこともそうですが、特にPCR検査のCT値については本当に見直すようお願いしたいです。

あと指定を外し5類にしろと。

とにかく、宮沢先生の言う通りですからね。

過剰に恐れず、普通に、楽しく、明日からの連休を過ごして下さい。

無駄な自粛はやめましょう~♪